by Ayumi(市川歩美)

カカオパルプとは?カカオの果肉とは?(写真つき)

この記事を書いている人 - WRITER -
市川歩美
ショコラコーディネーター®/チョコレートジャーナリスト®
詳しいプロフィールはこちら

こんにちは。チョコレートジャーナリスト、ショコラコーディネーターの市川歩美です。

今日は「カカオパルプ」、「カカオの果肉」について、解説します。

カカオパルプとは?

 

カカオパルプとは、カカオの実の中の、白い果肉部分のことです。

下の写真をご覧ください。カカオ生産国で、収穫されたカカオの実(ラグビーボールのような形)を割って、中をみると、白い果肉につつまれた、たくさんの種が入っています。

赤い丸のところ。白い果肉につつまれた種がぎっしり詰まっていますよね。

これを一粒とって、半分にわってみるとこんな感じです。

とろーりとした果肉が、うすく種を包んでいるのがわかりますか?このとろーりとした白い果肉部分を「カカオの果肉」または「カカオパルプ」と呼びます。

これらの写真は私が、メキシコのカカオ農園で撮影したもの。生産国へいくと実感としてわかりますが、カカオは果物(フルーツ)です。よってカカオの果肉を「カカオフルーツ」と呼ぶことも、あります。

私は「カカオの果肉」の味が大好きです。

カカオ産地へ取材にいくたびに、この種を口にいれ、少しだけ味わうのが大きな楽しみ。ライチやりんご、ローズのような。甘酸っぱい生き生きとした風味です。

カカオフルーツジュース記事(市川歩美執筆)

 

カカオの果肉(カカオパルプ)を使ったドリンクを、近年、よく見かけるようになりました。チョコレートの素材であるカカオへの注目度の高まり、カカオパルプが日本で手に入りやすくなったことが、理由にあるでしょう。

●参考記事
2015年に、私がサロン・デュ・ショコラ 公式サイトに寄稿した記事

フルーティな風味に驚き。カカオパルプを使ったドリンクとは? (text 市川歩美)
(サロン・デュ・ショコラ日本公式サイト)

2015年から5年たったいまも「読みました」「参考にしました」というお声をいただく記事です。(一点補足、良質なチョコレート作りにおいて、カカオの果肉は発酵のために重要な存在です。果肉が取り除かれ、種の部分だけが使われることもあります)

カカオパルプ

上の画像は、当時撮影した、ビーントゥバーチョコレート専門店「Minimal」のカカオの果肉ドリンク。カカオの果肉以外、なにも混ぜずに、ストレートです。

カカオ豆からチョコレートを作るチョコレートブランドで、ときどきメニューになっています。サイズもスタイルも、いろいろです。

自由が丘の伝説の名店「オリジンーヌ・カカオ」が先駆け

 

近年、ビーントゥバーチョコレートの専門店が注目しはじめた「カカオパルプ」。なんですが、実は、私は、2004年には、自由が丘でときどき味わっていました。

「オリジンーヌ・カカオ」で、メニューになっていたんです。(長いチョコレート愛好家のみなさんなら、ご存知ですよね!)川口行彦シェフは、私に「カカオパルプ」を教えてくださった方。日本の「カカオパルプ」の先駆者です。

●参考記事
自由が丘「オリジンーヌ・カカオ」(現在は閉店)の情報は、私が過去に書いた
「オリジンーヌ・カカオで夏ショコラ」(text 市川歩美) をご覧下さい。

 

▲懐かしい「オリジンーヌ・カカオ」のカウンターで

カカオパルプは、とにかく美味しいんです。

実はいろいろなメディアで、私もご紹介しました。エクアドルのカカオパルプのチューブを、昨年、東京FMの番組でご紹介したり、カカオパルプゼリーを、市川歩美監修のナチュラルローソンのケーキにあしらったり。

ゴディバも「カカオフルーツジュース」を販売開始

 

最新のニュースとしては、なんと、とてもうれしいことに、今週から全国のゴディバで、カカオフルーツジュースの販売がはじまりました。

別途記事にしますが、日本人が「カカオ」を認識する、素晴らしいチャンスです!

カカオパルプについては、つづきを、また書きますね。

text & photos
チョコレートジャーナリスト  市川歩美

*2019年のナチュラルローソンのクリスマスケーキは、市川歩美が監修。カカオパルプゼリーを使いました。

ナチュラルローソンのクリスマスケーキを市川歩美が監修【完売御礼】

この記事を書いている人 - WRITER -
市川歩美
ショコラコーディネーター®/チョコレートジャーナリスト®
詳しいプロフィールはこちら

Copyright© Chocolate Journal , 2020 All Rights Reserved.