by Ayumi(市川歩美)

サステナブルチョコレートとは何か?

この記事を書いている人 - WRITER -
市川歩美
ショコラコーディネーター®/チョコレートジャーナリスト®
詳しいプロフィールはこちら

こんにちは。チョコレートジャーナリスト、ショコラコーディネーターの市川歩美です。

「サステナブルチョコレート」「サステナブルカカオ」という言葉について、かんたんにまとめます。

収穫されたカカオ(台湾で市川歩美撮影)

サステナブルカカオとは?

 

まず、サステナブルカカオとは

カカオ生産国の、カカオ農家の方々の生活向上が考慮され、そして、地球環境にも配慮した生産方法で育ち、収穫されたカカオ豆

のことです。

サステナブル(Sustainable)=持続可能な、耐えうる
sustain (維持)が able(できる)
なので、

サステナブルカカオは

「(地球のために、カカオ生産者のために、今だけでなく未来の世代にも)持続可能な方法で栽培されたカカオ」

ともいえます。

・カカオ豆の生産者が貧困にあえいでいる。
・生活が苦しくて、子どもを学校に行かせることができない。
・カカオ農園で子どもが、過酷な労働をさせられている(児童労働)。

カカオ産地には、さまざまな問題があります。

それを解決するための支援・方策がおこなわれた上で、収穫されたカカオが、サステナブルカカオ、です。

*国連が掲げるSDGs のSがサステナブル、です。「Sustainable Development Goals(持続可能な開発目標)」の略というとイメージしやすいでしょうか。

 

サステナブルチョコレートとは?

 

サステナブルチョコレートは、サステナブルカカオから作られたチョコレートです。

基本的なことですが、
カカオ豆=チョコレートの原材料です。
カカオが世界からなくなれば、チョコレートは世界から消えてしまいます。

 

世界の製菓用チョコレートブランドの「サステナブルチョコレート」への取り組み

グローバルに展開する、主要製菓用チョコレートブランドなら、ほぼすべて、といっていいほど「サステナブルカカオ」への取り組みを行っています。

バリーカレボー社(スイス)
「フォーエバーチョコレート」というプランを掲げ、2025年までに、自社が扱うチョコレートを100%サステナブルにし、児童労働をなくす目標をたてています。「ココアホライズンプログラム」では小規模生産者を視点しています。

ヴァローナ社(フランス)
「カカオフォレスト」を立ち上げ、企業、研究者、NGOと積極的に協力しあい、カカオ生産者の生活工場のために、生産性がよく、地球環境にもよい(森林破壊や化学肥料や農薬の使用しない)栽培方法を開発し、生産者に伝えています。

ピュラトス社(ベルギー)
「カカオトレース」というプログラムを作り、世界各地の生産者の収入を増やすための支援をしています。ユニークなプログラムは各国に広がり、サステブルカカオを使ったチョコレートに「カカオトレース認証」マークをつけています。

これらは各社の取り組みの、ごく1部。

他にも数えきれないほどの企業、チョコレートブランド、個人、NGOが、カカオ生産者のために、世界中で活動しています。

 

サステナブルカカオに関する、参考記事(2020年問題)

 

2年前の、市川歩美(私)執筆記事です。

https://toyokeizai.net/articles/-/207695
東洋経済オンライン

この後も、年々、サステナブルカカオ、サステナブルチョコレートへの関心は高まっています。今日は基本情報を。続きはまた書きます。

text
チョコレートジャーナリスト  市川歩美

メキシコ(カカオの有名な産地ソコヌスコ地方 )取材にて。すくすく育つサステナブルカカオの苗に囲まれる私。

この記事を書いている人 - WRITER -
市川歩美
ショコラコーディネーター®/チョコレートジャーナリスト®
詳しいプロフィールはこちら

Copyright© Chocolate Journal , 2020 All Rights Reserved.