by Ayumi(市川歩美)

カカオ産地支援「ガーナで名誉酋長になった日本人」(東洋経済オンライン) 地道に長年続ける価値

この記事を書いている人 - WRITER -
ショコラコーディネーター®/チョコレートジャーナリスト®
詳しいプロフィールはこちら

こんにちは。チョコレートジャーナリスト、ショコラコーディネーターの市川歩美です。

東洋経済オンラインで、昨日3月5日に、市川歩美執筆記事「ガーナで名誉酋長になった日本人が築いた信頼」が公開されました。ぜひご一読ください。

(画像:明治)

カカオ産地を支援し、ガーナで名誉酋長になった明治の社員

 

記事の主人公は、明治の社員 土居恵規さんです。SDGsが採択されたのが2015年。土居さんは、その10年前に、初めてガーナを訪れ、2006年から自社の取り組みとして、カカオ農家を支援し続けています。

名誉酋長に任命されたのは2009年。くわしくは記事をお読みいただきたいのですが、2009年、カカオ豆を購入しているアセラワディ村に、井戸を寄贈したことを、深く感謝されての任命です。

ガーナと関わって16年。土居さんは、この3月に定年を迎えますが、今後も酋長として、ガーナの村を支援していきたいと話していました。
記事は以下↓

ガーナで名誉酋長になった日本人が築いた信頼

(東洋経済オンライン text 市川歩美)

チョコレートとSDGs 長年地道に続けている人々がいる

 

今は、驚くほど、エシカル、サステナブル、そしてSDGs(持続可能な開発目標)がメジャーなワードになりました。ときに関連することがおしゃれで、センスがよい感じが漂うほどです。

(画像提供:明治製菓)

 

しかし、私はカカオ産地に関するSDGsについて、一部、違和感を感じています。それは、長年、SDGs、なんて言葉すらない時代からされている支援活動に光が当たりにくいということです。

新しい、説明や表明が上手、キャッチー、ヴィジュアルなどのイメージがよいと目立つバランス、とも言えるでしょうか。

実際のところ、エシカル、サステナブル、SDGs、という言葉自体がなかった、何十年もまえから地道に産地を支援しつづけ、美味しいチョコレートを生み出し、数え切れないほとの人を幸せにしてきた企業が、話題にならない。わかりやすく、新しく、キャッチーに伝えられる活動ばかりが話題となる状況になっていないか、というようなことです。

誤解がないようにしたいのは、もちろん新しい支援活動は素晴らしいです。私は心からリスペクトしています。新しい見方や方法は貴重ですし、カカオ産地が抱える現実に、目を向ける人の幅が広がるでしょう。しかし、その礎となった「大先輩」ともいえる活動がメディアを通して紹介される機会が少ないのが、ひっかかります。

私もメディアの人間だったので理解できますが、メディアによっては「長く、大規模な支援に取り組んでいるが、新しい商品をそんなに出さないブランド」よりも、近年は「小規模だけど、パッケージ等のヴィジュアルがよく、キャッチーなキーワードを打ち出す新ブランド」を、取り上げる傾向があります。

要は、イメージ(あるいは積極的に情報発信しているかどうか)がジャッジの基準、ということです。ただ、こと、SDGsにおいては、逆ではないでしょうか。イメージメインで判断材料にするテーマではありません。サステナブル=持続可能な。「持続」は「続ける」こと。長い時間がかかる取り組みなのです。

実際のところ、私が取材していると、長年、しかも大規模に(取り組みの「規模」を見るのは重要なことです)活動をしていてもほぼアピールしない企業があります。

「あたりまえですから」「いちいち自分からいいことやってますとはあまり……」というような声もしょっちゅう聞こえます。今回の土居さんの活動も、そのうちのひとつでした。

私は、ジャーナリストとして、地道な長年の取り組みについても、少しずつお伝えしたいと思っています。もう一度お伝えすると、SDGsのS=サステイナブル=持続可能な。長年、カカオ産地と何十年も関わり続け、しかも結果を出す難しさは、私の想像をはるかに超えるものです。

多くの企業や団体が、カカオ生産者が抱える問題に目を向け、協業、サポートを続けています。実はこれも、現状を知れば知るほど難しいことですが、私はできる限り、長年チョコレートを楽しんできた愛好家のひとりとして、ジャーナリストとして、消費者の私たちにできることは何かを、もう少し整理して、お伝えしていきたいと思っています。

text
チョコレートジャーナリスト  市川歩美

*ちなみに、今日、3月6日はガーナの独立記念日(Independence Day)です。ガーナは1957年3月6日に、イギリスから独立しました。

この記事を書いている人 - WRITER -
ショコラコーディネーター®/チョコレートジャーナリスト®
詳しいプロフィールはこちら

Copyright© The Chocolate Journal , 2021 All Rights Reserved.