by Ayumi(市川歩美)

チョコのブルーミングとは?ブルーミングしたらどうする?

この記事を書いている人 - WRITER -
ショコラコーディネーター®/チョコレートジャーナリスト®
詳しいプロフィールはこちら

こんにちは。チョコレートジャーナリスト、ショコラコーディネーターの市川歩美です。

この記事では、夏にチョコが白くなってしまう「ブルーミング」とは何か、そして、ブルーミングしてしまったらどうしたらよいかを、解説します。

ブルーミングしたチョコは刻んでトーストにのせて

 

チョコレートのブルーミングとは?

 

特に夏。あっ、と気づいたら、板チョコレートの表面が白くなっちゃっていた。「ショックー。これ、大丈夫かな」なんて考えつつ、かじると、なんだかいまいち。ぼそぼそしていて、おいしくなくなっちゃったかも…(ちょこっとトーンダウン)。

なんて経験、チョコ好きなみなさんなら一度はありますよね。この白くなってしまった状態をブルーミング、といいます。

まずは「ブルーミング」について説明します。

チョコレートは「チョコレートの保存法」で書いたように、温度の変化をきらいます。

暑さでチョコが溶けると、もともとチョコの中に、きれいに溶けこんでいた油脂(ココアバター)がバラバラになってしまいます。バラバラになったものを、あわててもう一度冷やし固めても、もう二度と元には戻りません。やっぱりバラバラのまま。

白く、チョコの表面に浮き上がっているのは、このバラバラの不安定な結晶になった油脂です。「ファットブルーム」「ブルーミング」という状態です。

こうなるとチョコの食感は、ボソボソ。なめらかさがなくなり、見た目もダウンして、残念なことになります。

*私が監修したサロン・デュ・ショコラのチョコレート用語集「ブルーム」も参考にしてください。

ブルーミングしたチョコはどうしたらいい?


白くブルーミングしてしまったチョコ。そのままでもいいけれど、できればおいしく味わいたい。ここでは、
そんなときのための「ブルーミングチョコレスキュー方法」をご紹介します。

ブルーミングした板チョコは、ひと工夫でおいしく楽しめます。カンタンで、私は、普通のチョコでも試していますので、みなさんもやってみてください。

 

ホットチョコレートにする

 

ブルーミングしたチョコは、ホットチョコレートにしちゃいましょう。私の毎日の定番です。

1 200CCほどのミルク、ブルーミングした板チョコ(30gくらい)を用意

2 チョコをナイフで、ザクザクと削む

3 お鍋でミルクをあたためて、その中にチョコをいれる

4 くるくるまぜて、解けたらできあがり

チョコは、好きなだけどうぞ。

刻まなくても、細かく割れば、わりと簡単に溶けるチョコもあります。ポイントは、沸騰させないようにまぜること。ちょっとくらいダマになっても、自宅で味わうならOK、チョコ感がおいしいです。

 

チョコレートトーストにする

 

これは、私の朝食のバリエーションです。

1 ブルーミングした板チョコをナイフでザクザク

2 オーブントースターで焼いたトーストにチョコを広げ、余熱で溶かす

3 余裕があれば、イチゴやバナナをスライスしてトッピングしてもおいしい

余熱で、いい感じにチョコがとろりととけて、チョコだけで十分おいしいです。

 

チョコスプレッドにする

溶かしたチョコをバウムクーヘンに添えようとしてるところ

 

時間がないときは、これ!

1 ブルーミングしたチョコを適当に手で割る

2 耐熱ガラスの器などに入れ、レンジでチン(量にもよりますが様子をみて1分くらい?)

3 やわらかくなったチョコをスプーンで混ぜ、ペースト状に

4 パンなどにのせ、ぱくっ

カンタンすぎますが、すごく美味しいです。パンにのせなくても、直接スプーンで味わっても。あたたかいうちだと、より風味がわかっていいです。

以上は、別にブルーミングしたチョコでなくてもおいしいので、ぜひどうぞ。

チョコのお菓子作りに使う

 

お菓子作りをする方は、ブルーミングしたチョコを、お菓子にしちゃいましょう。

今は、ネット上で手軽なレシピが見つかりますね。チョコを使ったお料理レシピなどもあるので、もちろんお料理にも。

お菓子なら、ガトーショコラや、チョコプリンなどが、簡単にできそうです。

考えようによっては、ブルーミングさせたからこそ、新たなお菓子に出会えるともいえるのです。うっかり、高価な板チョコを、ブルーミングさせてしまったら、まずは反省してから頭を切り替え、ここぞとばかりに、ワンランク上の素材(チョコ)でホットチョコレートや、ガトーショコラにチャレンジしみてはいかがでしょう。

ブルーミングさせなければ、実現しなかった味に、出会えるともいえるわけです。

いずれにしても、まずは、ブルーミングに気をつけて。万が一のことがあっても、このように、いろいろな方法で、チョコをレスキュー。いろいろな方法で、チョコを一層美味しく食べちゃってください。

text & photo
チョコレートジャーナリスト  市川歩美

*くつろぎ屋さんで市川歩美が書いているチョコのコラムも、ぜひ以下からぜひどうぞ。
(実は、誰もわかりやすく教えてくれなかった、チョコの素朴なギモンへの答え。私自身の経験をふまえ、やさしく楽しく。私の言葉でみなさんにお伝えします。)

【もっと知りたい!チョコのことVol.3】夏チョコのお話ー白くブルーミングしたチョコはどうしたらいい?

市川歩美が解説「チョコレートのブルーミング&どうしたらいい?」

 

チョコレートの正しい保存方法は?

夏のチョコレートの扱い方は?(by 市川歩美)

この記事を書いている人 - WRITER -
ショコラコーディネーター®/チョコレートジャーナリスト®
詳しいプロフィールはこちら

Copyright© The Chocolate Journal , 2021 All Rights Reserved.