by Ayumi(市川歩美)

NHK総合「クローズアップ現代+」チョコレートをテーマに生放送&こぼれ話。

この記事を書いている人 - WRITER -
市川歩美
ショコラコーディネーター®/チョコレートジャーナリスト®
詳しいプロフィールはこちら

2月13日の「クローズアップ現代+」のテーマは「世界が恋する日本チョコレート」。サロン・デュ・ショコラパリの現状などに関わる取材にご協力させていただき、22時からの生放送では、チョコレートジャーナリストとして出演しました。


▲番組公式サイトから画像をお借りしています。

ご覧くださったみなさま。ありがとうございました。
経済学者の山口義行先生、慶應大学教授の宮田裕章先生とご一緒に。

番組を見逃した方は、下のバナーをクリック!

内容をテキストと画像でご覧いただけます。

ちょっとこぼれ話

放送は2月13日夜、でしたが
私はバレンタインデー当日まで連日スケジュールがぎっしり!
その後も媒体に向けた執筆などが重なり、もーーさすがにここに、細かい番組のこぼれ話などを
書いている余裕がありませんでした。

実際は
こぼれ話のほうが断然多いんじゃないか?
というくらいですが。

ーーー

当日のことを少しだけ書きますと
まずワクワクするくらいうれしかったのは
慶應大学教授の宮田裕章先生と共通点があったことです。

宮田先生は、チョコレートがお好きで、細かいことまでお詳しく、
なんとうれしいことに、私と同じショコラに、感銘をうけていました。
(「日本の頭脳」と呼ばれる宮田先生と、たとえ同じチョコが好きということだけであれ
共通点があるというのはワクワクするほど光栄 笑)

さらに、もうひとつは、
どこかでまとめて書こうと思っていることです。

サロン・デュ・ショコラ パリの表彰、CCCの評価についての基本(少しだけ)

私は日本のショコラティエがサロン・デュ・ショコラパリで日本の文化を伝えていること、
CCCに積極的に出品し、チャレンジしていることは、とても素晴らしい事だと思っています。

しかし意外とプロの方も、
サロン・デュ・ショコラパリのこと、CCC(パリのチョコレート愛好会)による
サロン・デュ・ショコラパリの会場で行われる表彰についての基本を、ご存知なかったりします。
メディアの方も、正確な情報をなかなかキャッチできないでいます。

例えばですが
ふたつあげますと

ー2019年は、CCCはボンボンショコラの審査・評価をしていません。
これはチョコレートに関わる仕事をしていれば何度でも話がでますからご存知だと思いますが
殆どの方は、ちょっと混乱?していると思います。
最新のCCCガイドには、100人のショコラティエが掲載されていましたが、
これは、これまでにCCCに出品してきた、あるいは良好な関係を築いてきたうえで
よいショコラを作っている、よい活動をしている、とCCCが認めたブランド、100です。
昨年は誰もチョコレートを出品していませんから
最新のチョコレートが評価された100人ではありません。
100人(ブランド)は、海外部門(日本も含め)の場合は特に、CCCに出品し、積極的に関わり、金のタブレットを目指して(後述)チャレンジしてきたショコラティエです。(世界中には、CCCに出品しないショコラティエも当然のことながら大勢います)

ーCCCに「金賞」という賞はありません。
日本では「金賞」ということばの通りがいいので、よく、そう訳され、
なんが賞をとったの??なんて私はよく尋ねられますが、正確には「賞」ではありません。
CCCは、出品のあったブランドのショコラを審査し、全てに対して、金か銀か銅かの3段階評価をします。
正確には、金のタブレット、銀のタブレット、銅のタブレット、で、いずれにしても3段階。
つまり「賞」をとった、んじゃなくて、出品して「金」という評価でした、ということです。
オリンピックだと金・銀・銅、は一名、またはー組ですが
CCCは数に制限がなく、ガイドブックに毎年公表されるとおりですが、それぞれ何ブランドもあります。

ばーっと頭にあることを書き連ねましたが、
いずれまとめておきたいと思っています。
特に、メディアのみなさんに伝わるといいですね。
日本のショコラティエがどのようにサロン・デュ・ショコラパリと関わり
盛り上げてきているかが、正しく理解、整理できると思います。

この記事を書いている人 - WRITER -
市川歩美
ショコラコーディネーター®/チョコレートジャーナリスト®
詳しいプロフィールはこちら

Copyright© Chocolate Journal , 2020 All Rights Reserved.