by Ayumi(市川歩美)

チョコレートの正しい保存方法は?

この記事を書いている人 - WRITER -
ショコラコーディネーター®/チョコレートジャーナリスト®
詳しいプロフィールはこちら

こんにちは。チョコレートジャーナリスト、ショコラコーディネーターの市川歩美です。

この記事では「チョコレートの保存方法」について、わかりやすく、書きます。

チョコレートの保存について



大好きなチョコレート。色々買ったけど、今すぐには食べずにとっておいて、あとで食べることにしよう。そんなことって、ありますよね。この記事は、そんな時のためのお話。

いつものごとく、日常に落とし込みにくい、専門的でむずかしいことは書きませんので、ご安心ください。 

 

基本的には、早く食べよう

 

早速、正しい保存方法を。
といいたいところですが、その前にまずはこれ。

チョコは、基本的には早めに食べて!

 

「チョコは手に入れたら、早めに食べるのがいちばんおいしい」。これは5才からチョコが大好きで、いまや本格チョコ愛好家歴約30年となった、筋金入りにチョコ好きな、私が出した結論。なるべくなら、早く食べましょう。

 

チョコは豆腐かパンであると心得る

チョコは豆腐かパンである
市川歩美

 

私は、ふだんからチョコは豆腐か、パンのようなものである、と考えています。

お豆腐のように買ったら急いで帰り(特に夏は)、パンのように今日おいしい分だけ買いましょう。できれば。

豆腐やパンは、新しいのがいいし、早く食べきれる分だけ買おうと思っていますよね。実は、チョコは保存が効く気がして、油断しがちですが、ものによっては賞味期限がお豆腐レベル。

生クリームなどを使った「ボンボンショコラ」(ひとつぶチョコレート)などは、賞味期限がとても短いです。

*常温や長期保存対策がされた、コンビニなどで売っている、日本の優秀なチョコ菓子たち、熟成すると味の変化が楽しめるビーントゥバーなどは例外ですが、保存しておくと、また新たなチョコを買い足したりして、本でいう「積ん読」のようになるかもしれないので、やっぱりできればお早めに。

 

チョコレートを保存するときの注意

 

とはいえ。「期間限定・スペシャルチョコ」などに会えば、多めに買いますね。

そんな時のために、流れはおおざっぱに3つ。


1 賞味期限をチェック(付箋をはって目立つようにしておくのもよい)


2 夏以外は常温でOK。夏は冷蔵庫に保存(できれば、ビニール袋やジプロックにいれて、できれば野菜室に)


3 チョコの存在を忘れずに、冷蔵庫から出して、たべる

 

おおざっぱに、この3つでOKです。

賞味期限チェックはマスト。あらっ、というほど賞味期限が短いものもあるし、逆におやっ、というほど長いものも。板チョコと生チョコでは、1年以上賞味期限が違うこともザラです。

高級チョコレート専門店のボンボンショコラは、賞味期限が短いので、箱の裏などをチェック。

 

保存場所は、夏は冷蔵庫、それ以外は常温

 

厳密には地域によりますが、夏以外、春・秋・冬は室内の常温でOKです。

ただし、エアコンが直接あたったり、直射日光が当たる場所は避けましょう。25度くらいになると、チョコは溶け始める、とおぼえておいてください。

常温でキープできる季節は安心ですが、夏場は、特に一口サイズの「ボンボンショコラ」に注意してください。18℃以下の保存が目安です。

今は、各チョコレートのパッケージやパンフレットに、ふさわしい保存方法が明記されていることが増えました。ぜひ参考にしてください。

 

冷蔵庫なら野菜室がベター

 

冷蔵庫に入れるなら「野菜室」がベターです。なぜなら、温度が低すぎないから。

チョコをビニール袋などに包み、なるべく密封してからしまうとベターです。じっくり味わいたい繊細なチョコなら、ジプロックに入れ、ぴたっと密封すれば、「匂いうつり」や「湿気」が防げてパーフェクト。

 

冷蔵庫から出して食べるときは

保存したチョコは、冷蔵庫から出して、10分ほど(場合によっては15分ほど)常温において、温度を戻してから食べるとおいしいです。

ただ、これも好みですね。冷たいのをがりっ、といきたい人はすぐどうぞ。好みにもチョコの種類にもよります。

今は、「冷蔵庫から出してすぐ食べるとおいしい」ように作られた、夏向きチョコもあるのです。夏チョコ、楽しいですよ。夏こそチョコレート店のショーケースを、眺めてみてください。

 

チョコは「暑いところ」「温度変化」「匂い」が苦手

 

チョコの「苦手」を知っておくと、保存に役立ちます。

<チョコの苦手な3つ>
暑いところ
温度変化
匂い


「暑いところ」
チョコは22度くらいで溶けはじめ、最終的には液状になってしまいます。

「温度変化」
暑い部屋から急に冷蔵庫に移すと、チョコの表面が白くなって固まり、風味ががくっと落ちます。(ブルーミング、と呼ばれます)

「匂い」
チョコはすぐに、周りの匂いを吸い込みます。チョコを保存するときの容器や、そばにキムチやカレーを置く、などに注意。

 

食べたいときが、おいしいとき!

食べたいときがおいしいとき。これ、しみじみそう思いますがどうですか??

「食べたい」から「食べる」アクションまでが短いほうが、チョコは美味しいのです。チョコ以外もそうですね。

心理的にもそうですが、チョコ自体が、購入時に一番おいしいように売られているから、というのも理由です。

それでは、最後にもうひとつだけ。冷蔵庫内のチョコを忘れ去らないように!

保存に持ち込むと「忘れ去って食べ逃す」リスクが、意外とあなどれません。キャベツの向こうに奥まって隠れてしまっていた、など……(自己反省もこめ……)チョコを買ったら、ぜひ、おいしくたべきってください。

 

*くつろぎ屋さんの公式サイト*
くつろぎ屋さんのサイトでも、チョコレートにまつわるお話を連載しています。チョコレートの保存についての記事は、以下にリンクしました。クリックして、ぜひご覧ください。

【もっと知りたい!チョコのことVol.2】
チョコレートの保存方法について

 

text&photo
チョコレートジャーナリスト  市川歩美

夏のチョコレートの扱い方は?(by 市川歩美)

8月は「チョコ液状化警戒アラート」を発令

この記事を書いている人 - WRITER -
ショコラコーディネーター®/チョコレートジャーナリスト®
詳しいプロフィールはこちら

Copyright© The Chocolate Journal , 2021 All Rights Reserved.