by Ayumi(市川歩美)

夏のチョコレートの扱い方は?(by 市川歩美)

この記事を書いている人 - WRITER -
市川歩美
ショコラコーディネーター®/チョコレートジャーナリスト®
詳しいプロフィールはこちら

こんにちは。暑い日が続きますね。Chocolate Journal読者のみなさん、お元気ですか?チョコレートジャーナリスト、ショコラコーディネーターの市川歩美です。

前回の「チョコ液状化警戒アラート」へのたくさんのレス、メッセージをありがとうございました。今後もチョコレートジャーナリストの立場から

ひとつでも多くの日本のチョコ液状化を防げれば、と思います!

前回記事↓

8月は「チョコ液状化警戒アラート」を発令

では、事例をふまえて、注意点をまとめます。

真夏の「チョコ液状化警戒アラート」の概要


<Chocolate Journal
「チョコ液状化警戒アラート」概要>

日本全国、各地で真夏日、猛暑日が続いています。8月は、不要不急の場合、チョコレートを長時間、常温におくのをやめましょう。チョコは固形から、液体になってしまいます。マイバッグはできれば保冷バッグに。屋内でも油断せず、すぐ食べないならひとまず冷蔵庫(野菜室もよい)へ。

つづいて、ポイントです。

●真夏日が続き始めたら「常温禁止」

 

あたりまえですが、パンや焼き菓子は、気温が30度以上になったからといって、いきなり液体に変わったりしませんよね?でもチョコはそうなる食べものです。

チョコ(固形)は高温が苦手、どころか、気温が高くなると、個体でい続けられません。限界を超えると「もうだめー耐えられない」という感じで、個体から液体に変身してしまいます。

チョコは25度を超えると溶け始め、33度を超えたら完全に液状になる。このことを再認識してください。

 

●真夏にチョコを持ち歩くときは、素早く家に帰る

 

真夏にやむをえず、チョコを長時間持ち歩く場合は、保冷剤を入れた保冷バッグで持ち運びましょう。保冷剤はチョコレート店やパティスリーで、用意してもらえます。保冷バッグは持参がオススメです。

お店では、スタッフの方が保冷剤をどのくらい用意したらよいか、という意味で聞く質問「お持ち帰りのお時間は?」に、正確に、または若干多めに答えましょう。急な用事で余分に時間がかかっても安心していられるように、です。保冷剤は時間に応じた個数を入れてもらえます。

*ちなみに、私のような長いチョコ愛好家は、そもそも真夏にチョコを長時間持ち歩くスケジュールをたてません。結構、すぐ帰ります。

●夏は「保冷マイバッグ」が必需品

 

真夏。チョコを買い物する可能性があれば「保冷マイバッグ」を持参しましょう。外出時にチョコを液状化させないための「必需品」です。

実際のところ、チョコ愛好家にとって真夏は「マイバッグ」といえば「保冷バッグ」のこと、と言いきりたいほどです。今はおしゃれなデザインの保冷バッグがチョコレート店で販売されているので、お気に入りブランドのものや、サイズ別に2つくらい持っておくと、毎年夏に使えて便利です。

そして、細かいようですが、マイバッグを忘れても、数円でプラスチックバッグを購入できますが、保冷バッグを忘れると、数百円かかって、ちょっともったいないです。(必要ならよいのですが、ビニール傘を何本も買って家にたまってしまうようなイメージも)


▲保冷バッグのデザインには、お店のセンスが現れています。

● 液状化したチョコは、2度と元どおりにならない

 

一度溶けてしまったチョコレートは、なんとなく指で整えて、似たような形に戻してみたりしても、二度と同じ味にも、形にも戻りません。(でもせっかくなので反省してたべましょう!)

 

チョコレートのブルーミングとは?

 

たとえば板チョコが、ある夏の日、さわってくにゃっ、となっててわーとかいって、慌てて冷蔵庫に入れた場合。次にパッケージをあけると、表面が真っ白です。

これを「ブルーム」「ブルーミング」といいます。ココアバターが溶けて、チョコの表面に浮き出し、のちに冷えて固まると表面が白くなるからで、食べても問題はありませんが、味も食感もダウンします。(もったいない)

ブルーミングについては別途、書きますが、私が監修したサロン・デュ・ショコラの「チョコレートの用語集」参照してください。 ブルームについて

夏のチョコはアイスと心得て

 

チョコは涼しいところが好き。アイスクリームに近いイメージで、私は夏にチョコを扱います。真夏に、アイスクリームを、長く常温で置きっ放しにする人って、いませんよね?そんな感じです。

特に高級チョコレートは、最高のバランスを求めて、丁寧に、美しく、美味しく作られています。液体に変身させてしまわないよう、夏はチョコレートを一層繊細にあつかってあげてくださいね。チョコ愛をこめてお願いします。

まだまだ暑い日が続きます。「チョコ液状化警戒アラート」の注意事項を守って、楽しく夏チョコを味わってください。

text
チョコレートジャーナリスト  市川歩美

追伸:読者、フォロワーのみなさん、いつも次々とメッセージやレスをありがとうございます!

 

この記事を書いている人 - WRITER -
市川歩美
ショコラコーディネーター®/チョコレートジャーナリスト®
詳しいプロフィールはこちら

Copyright© Chocolate Journal , 2020 All Rights Reserved.