BY AYUMI ICHIKAWA

夏のチョコレートの楽しみ方は?夏こそチョコ!

この記事を書いている人 - WRITER -
ショコラコーディネーター®/チョコレートジャーナリスト®
詳しいプロフィールはこちら

こんにちは。チョコレートジャーナリスト、ショコラコーディネーターの市川歩美です。

暑い日が続きますので、今日は夏のチョコレートについて少し。そうそう、みなさん、私がオールアバウトで書いた記事、読みましたか?

私(市川歩美)が、夏に一番チョコを楽しんでいる理由は?

 

オールアバウトの記事は、こちらです。

夏もチョコを満喫!夏のチョコレートの楽しみ方

(オールアバウト text Ayumi)

「夏のチョコレート」などとキーワード検索すると、トップ表示されますので、夏にチョコレートを楽しみたいなーと検索した方や、チョコファンは、読んでくださったことでしょう。

「パルフェ フルーリー ショコラ」パスカル・ル・ガック

▲「パルフェ フルーリー ショコラ」パスカル・ル・ガック

 

日本には「バレンタイン」というマーケットがあります。なので、どうしても「チョコレート=冬のもの」というイメージとなります。もちろん、チョコレートは夏の常温では溶けてしまいますしね。

でも、私個人的には、絶対チョコは夏です。

夏はゆっくりチョコレートに向き合える

チョコレート愛好家歴の長は、バレンタインやチョコシーズンの慌ただしさは、ちょっと尋常じゃありませんので、一番チョコレートを美味しく、ゆっくりいただけるのは、もう、間違いなく、あきらかに「夏」

イメージしてみてください。たとえば、ぎゅうぎゅうに大混雑した会場で、山のようにぎっしり並んだチョコの中からバーゲンセールみたいにお買い物するより、十分に広い、余白がある静かなスペースでお買い物するほうがよくないですか?

商品にじっくり向き合えるのです。美術館だってそう。その感覚に近いです。

夏のチョコレート専門店は、バレンタインシーズンとは気配が違って、一層その美しさが際立っている気がします。チョコレートを表現として感じよう、という余裕が生まれます。

 

チョコレートパフェの進化

 

それとは別に、日本には夏こそ、楽しめるチョコレートのスタイルがあります。ひとつは「チョコレートパフェ」。ヴィジュアルもあいまって、SNSでも大人気です。

私もチョコパフェには、長年向き合って来ていますが、もうひとり、パフェを研究されている方がいまして、それがパフェ評論家の斧屋さん。

私は、2019年の夏、パフェ評論家の斧屋さんと「日本一チョコレートパフェに深く向き合うイベント」と銘打ち

「斧屋・Ayumiのチョコレートのパフェの深い話」

をシリーズで行なっています。(毎回、大好評です!)

私は、チョコレートを「味」のみならず、トータルでキャッチしていますが、その方が豊かです。むしろそうでないともったいない。

そんなことをチョコレートパフェのイベントを通じて、みなさんと共有しています。パフェは通年楽しめますが、夏に美しい空間で、よく考えられたパフェを味わうひとときは、毎年変わらない、私の楽しみです。

 

夏は、商戦と関係ないところでチョコとむきあえる

 

バレンタインシーズンが近くなると、バレンタイン商戦にむけて、チョコレート専門ではない媒体も、プレスリリースも、これでもかと美しい写真と、ときどきそんな凄かったっけと思うほど大げさ目な文言(そうでないと目立ちませんからね)で、チョコレートたちが、取り上げられ続けます。

夏はそういう「商戦」とは関係ないところで、チョコレートに向き合えるのです。チョコレートの魅力を、本当に知りたいと思えば、夏を利用しましょう。

知識と情報のみならず、チョコレートの世界の豊かさをキャッチできる季節です。

text チョコレートジャーナリスト  市川歩美

この記事を書いている人 - WRITER -
ショコラコーディネーター®/チョコレートジャーナリスト®
詳しいプロフィールはこちら

Copyright© The Chocolate Journal , 2019 All Rights Reserved.