チョコレートジャーナル BY AYUMI ICHIKAWA

7月7日は国際チョコレートデー(ワールドチョコレートデー・World Chocolate Day)

2022/08/13
 
この記事を書いている人 - WRITER -
ショコラコーディネーター®/チョコレートジャーナリスト®
詳しいプロフィールはこちら

こんにちは。チョコレートジャーナリスト、ショコラコーディネーターの市川歩美です。

7月7日はWorld Chocolate Day(ワールドチョコレートデー)とされ、欧米ではチョコレートを楽しむ日です。ご存知でしたか?

7月7日は国際チョコレートデー

国際チョコレートデーの由来は?


日本では、ほとんど知られていませんが、日本で七夕にあたる今日7月7日は、欧米では、チョコレートの日です。

「ワールドチョコレートデー」または「インターナショナルチョコレートデー」と呼ばれ、世界各国でチョコレートが楽しまれる日。

実際、今日は私にもアメリカからHappy World Chocolate Day」とメッセージが届いていますし、

#worldchocolateday とSNSで検索すると、たくさんのチョコ投稿が見つかって面白いです。ぜひご覧になってみてください。

ネット上で調べただけでは、7月7日がなぜチョコレートの日か、明確なルーツはわかりません。

なので、正確かどうかはわかりませんが、一説には始まりは2009年で、「チョコレートが初めてヨーロッパに運ばれたのが、1550年7月7日だったから」とされています。

 

世界各国のチョコレートの日


7月7日は国際チョコレートデー。

実は、意外にも他にも、世界には多くの「チョコレートデー」があります。

例えば、アメリカだけでもあと2つ。

10月28日は「ナショナルチョコレートデー」、9月13日は、U.S.ナショナルコンフェクショナーズアソシエーションが制定した「インターナショナルチョコレートデー」。

ラトビアでは、7月11日が「ワールドチョコレートデー」。アフリカに目を向ければ、ガーナのチョコレートデーは、日本のバレンタインと同じ2月14日です。

いずれもルーツは全くわかりませんが、他にもいろいろあるようです。

7月28日はミルクチョコレートデー、9月22日はホワイトチョコレートデー、1月10日のビタースウィートチョコレートデー、12月16日「チョコレートカバード・エニシング・デー」(チョコレートコーティングをした美味しいものの日、おもしろいですね!)なども見つかります。

 

私は夏のチョコが好き

 

日本の7月7日、といえば夏ですから、夏にチョコレート?という感覚があるかもしれません。

しかし、私は、夏にチョコレートを楽しむのが一番好きです。何度もあちこちで話していますが、理由はバレンタインのような喧騒の中でなく、チョコレートにゆっくり静かに向き合え、チョコレートのおいしさをじっくり楽しめるからです。

もうひとつの理由は、夏チョコの充実です。

日本のチョコレートブランドは、夏においしい限定チョコレートを、沢山販売します。日本のメーカーも優れたショコラティエも、そのセンスと技術をいかし、暑い季節だからこそ楽しめるチョコレートを、発表します。これは、見逃すと損かもしれません。

 

ワールドチョコレートデーをきっかけに夏チョコを楽しんで

 

そういうわけで、7月7日は、ワールドチョコレートデー。

個人的にはしっくりくるので、日本でもう少し広く知られてよいのでは、と思い、日本のチョコのジャーナリストとして、日本語で記事にしました。

何かの節目でチョコレートを楽しむのって、良いと思うんですよね。

お誕生日だから、バレンタインだから、今日は「国際チョコレートデー」だから。

アニバーサリーや記念日、節目を機に新しいチョコと出会い、楽しく味わうチャンスになったら豊かですよね。そして、しあわせな「口実」にもなります。

text
チョコレートジャーナリスト  市川歩美

夏のチョコレートの楽しみ方は?夏こそチョコ、夏チョコ!

夏のチョコレートの扱い方は?(by 市川歩美)

 

この記事を書いている人 - WRITER -
ショコラコーディネーター®/チョコレートジャーナリスト®
詳しいプロフィールはこちら

Copyright© The Chocolate Journal , 2020 All Rights Reserved.