by Ayumi(市川歩美)

LA CASA DI Tetsuo Otaについて(NIKKEI The STYLE)

この記事を書いている人 - WRITER -
ショコラコーディネーター®/チョコレートジャーナリスト®
詳しいプロフィールはこちら

こんにちは。チョコレートジャーナリスト、ショコラコーディネーターの市川歩美です。

日本経済新聞購読者のみなさん、私のSNSを見て買いに走ってくださったみなさん。改めまして、ありがとうございました。

9月25日の日本経済新聞14面(NIKKEI The STYLE)で、「アマゾンの料理人」として知られる太田哲雄シェフについての記事が、掲載されました。

市川歩美、おもいをこめて執筆……

あれからまたまた、「読みました!」とたくさんの方からメッセージをいただきました。あらゆる視点からの、多くのご感想、嬉しかったです。

太田哲雄シェフが軽井沢にお店をオープン

 

太田哲雄シェフから「軽井沢に拠点を持つんです」と伺ったのは、今年に入ってわりと早い段階でした。聞いたときはうれしかったです。

というのも、私は軽井沢が好きで、新幹線の駅ができる随分前から、何度も訪れている地だから。

場所は、レイクニュータウン(別荘地)です。軽井沢駅から車で10分ほど。レイクニュータウンの入り口から入ってすぐのところ。とても静かな場所。私は、軽井沢の静けさが、好きなのです。

 

ラ・カーサ・ディ・テツオ・オオタ お店の様子

太田哲雄さんのお店(市川撮影)

 

NIKKEI The STYLEの記事冒頭に書きましたが、私はイエローのカーテンがとても好きです。赤と黄色のコントラストが、緑と青空に映えて、美しいです。

壁に、大きなクマが描かれているのも、わかりますか?

窓に軽井沢の草花のイラスト。同じデザインが、お皿にも使われています。

LA CASA DI Tetsuo Ota アクセス、予約方法など

記事を読んで、いつか軽井沢へ、と感じた方のために。
インフォメーションです。

●予約
下にリンクした、フェイスブックページからどうぞ。
(※2019年の予約はすでに満席2020年の予約は1月中旬以降からの予定

La casa DI  Tetsuo Ota

 

●お席とメニュー
お昼か夜のどちらか(太田シェフのご都合によります)、6席のみ。
お任せメニューで1万円〜(食材によって異なります)

●アクセス
住所:長野県 北佐久郡 軽井沢町発地342−100
「軽井沢」駅から、タクシーで10分ほど。「レイクニューガーデンへ。入り口から少し車で入ってください」と伝えるといいです。レイクニューガーデンの入り口で降りてもOK。まっすぐ歩いて2〜3分、左側にレストランが見えます。

レストランは、毎日営業をする一般的なスタイルとは異なります。太田哲雄シェフが、極力、すべてを行なっていますので、ご配慮くださいね。

太田シェフの視野は地球

 

太田哲雄シェフは、チョコレート・カカオファンの間では「アマゾンカカオ」でお馴染みです。アマゾン(ペルーの村)とやりとりして、直接「アマゾンカカオ」として、カカオマスなどを日本に入れています。

サロン・デュ・ショコラ(東京)にも出店し、カカオを使った全く新しい料理をふるまってくれました。

それにしても、日本にアマゾンからカカオ入れ、いまや450ものレストランに卸しているのはなぜか?その意図や価値はどこにあるのか。

私がお伝えしたかったのはその点で、記事を読めば目が向く筈です。お話ししていていつも感じるのは、太田哲雄シェフは視点は、地球です。

太田シェフから、私が感じるフィロソフィー、他の方の活動と何が違うのか。太田さんの著書などとのトーンとはまた別の、リアルな太田シェフをお伝えできていればうれしいです。

そしてそして、このお写真、いいですよね〜!

※読み逃したみなさんのために、後日記事をのせますので読んでください。

取材こぼれ話などもまた。テレビ番組もそうですが、露出の向こうに何十倍もの情報があります。私が見続けてきた「軽井沢」の今を考えるきっかけになれば、それもまたうれしいことです。

text
チョコレートジャーナリスト  市川歩美

 

この記事を書いている人 - WRITER -
ショコラコーディネーター®/チョコレートジャーナリスト®
詳しいプロフィールはこちら

Copyright© The Chocolate Journal , 2019 All Rights Reserved.