by Ayumi(市川歩美)

8月は「チョコ液状化警戒アラート」を発令

この記事を書いている人 - WRITER -
市川歩美
ショコラコーディネーター®/チョコレートジャーナリスト®
詳しいプロフィールはこちら

こんにちは。チョコレートジャーナリスト、ショコラコーディネーターの市川歩美です。

8月に入り、東京は最高気温が30度を超える真夏日、35度を超える猛暑日が続いています。チョコレートは暑い場所が苦手。25度を超えると次第に溶け始め、33度を超えると完全に液状化します。みなさん、チョコが溶けないように気をつけて!今月は「チョコ液状化警戒アラート」月間です。

夏はチョコが液状化!8月から「チョコ液状化警戒アラート」(by Chocolate Journal)

Chocolate Journalの「チョコ液状化警戒アラート」。ひとことでいえば、

アラート発令中は「不要不急の場合、チョコレートを長時間、常温におかないで!」。チョコが固形から、液体になります。

まずは、真夏におきやすい「リンドール事件」から。

リンドール液状化の事例「真夏のリンドール事件」

リンドール(リンツ)は、丸くてかわいいチョコの中にチョコのフィリングが入った人気チョコレート。世界中に大ファンがいて、メディア出演すると、芸能人の皆さんにもファンが多いです。

「リンドール」は、真夏に注意したいチョコ。

油断していると「事件」が待っています。今朝、Twitterでこんなツイートをしたところ、フォロワーさんから反応がありました。

あまこさん、あすみさん、berrychocolatさん、ありがとうございます!なんか超リアル(自分のことかとおもった)。

<私の体験>
前職時代の昔。真夏に、革のバッグのポケットにリンドールを入れていてたら、他のポーチとかにぐいっと潰され、液状になったリンドールが包みから溢れ出して、えらいことになってました。革製のバッグで洗えず、うええええ(泣きそう+驚き)という感じに。しかし。

チョコ好きな私は、バッグ以上に、かわいいリンドールを2個も液状化させたのがショック、食べようとしてたのに食べられなかったときの、独特の哀愁も覚えています。

今みなさんの「リンドール」は、冷蔵庫の中にありますか?「リンドール」は固形で食べましょう。

真夏の「チョコの同化」「一体化」事例

これもみなさんご経験ありそう。「複数に個別」だったチョコが「ひとつの塊」になっていた夏の日。

フォロワーさんのお話です。

<私の体験>
碧井さんのレスから思い出したのは、子どもの頃の夏休み。チョコフレークを食べようとしたら全部くっついていて、すごく戸惑いながらも食べたい気持ちが勝って、指をベタベタにしながらへんな気持ちで塊を口に運んだ記憶があります。(懐)

持ち運びについては、次回の記事に書きますが(保冷剤・保冷バッグについて)、カジュアルチョコの場合、こんな思い出も楽しいかも?

ボンボンショコラは現在(真夏)「常温禁止令」

ところが、高級チョコレートとなると話は別。楽しいどころか、ボンボンショコラ(一口サイズのチョコレート)は、アラート以上に「常温禁止令」です。

専門店の美味しいボンボンショコラは、環境、特に温度が重要。絶対、真夏に常温のお部屋に放置とかしないでください。(ここでは細かいことはいわないので)すぐ食べないなら、即、冷蔵庫へ!

▲こういうボンボンショコラは、真夏は「常温禁止令」対象

<あの夏の日の回想>
これも前職時代。
忙しさのあまり、うっかり、真夏の高級ボンボンショコラを常温で置きっ放しにしてしまいました。するとショコラの表面が凹み、両サイドがくっつき(経験ある方が頷いていそうですが)、ボックス内の美しい4粒が「細長いひとかたまり」に(思い出しただけでチョコ好きとして無念すぎる)。

夏の「チョコ液状化警戒アラート」について、フォロワーさんや私の事例をふまえて、お話しました。繰り返しますが、今は、なるべくチョコを常温に置かないでくださいね。

次の記事では、真夏のチョコレート液状化を防ぐための注意点やポイントを書きます。

つづく

text チョコレートジャーナリスト  市川歩美

続きの記事です↓

夏のチョコレートの扱い方は?

 

この記事を書いている人 - WRITER -
市川歩美
ショコラコーディネーター®/チョコレートジャーナリスト®
詳しいプロフィールはこちら

Copyright© Chocolate Journal , 2020 All Rights Reserved.