by Ayumi

東京産カカオの国産チョコレート「TOKYO CACAO」って?

この記事を書いている人 - WRITER -
市川歩美
ショコラコーディネーター®/チョコレートジャーナリスト®
詳しいプロフィールはこちら

東京都(小笠原諸島の母島)で栽培・収穫されたカカオを使って、埼玉県草加市で作られたチョコレート。ご存知ですか?

小笠原諸島母島産カカオによる国産チョコレートって?

チョコレートジャーナリスト、ショコラコーディネーターの市川歩美です。すでに私もSNSで書いたり、記事にしたりしましたが、改めて、なんというか夢のある話なんです。

東京都内、小笠原諸島で栽培され、収穫されたカカオが、埼玉県でチョコレートになり販売されているという話。

以前から取り組みは知っていました。しかし、実感がわかないうえに、何が起きてどうなってそうなったのか等、霧に包まれてるような感じだったのですが、

9月に草加市の平塚製菓さんへお邪魔して、宅配便の段ボールを目の当たりにしたときに、現実を知り、目が覚めました。

えっ、こんなことあり??

ヤマト運輸さんで、草加市に、カカオポッド(カカオの実)が配達されてるけど!

カカオポッドがヤマト運輸で草加市に届く

いやー、ないない、こんな光景見たことない。

だってカカオは赤道に近い国、カカオベルトに位置する生産国で栽培され収穫されるもの。宅配便って配達されてくるってあなた、いやー無理無理。ヤマト運輸さんが都内の農園から草加市に届けるとかないから。

どういうこと?

なんて、実際に私はラボラトリーで社員のみなさんに、突っ込みを入れたり、独り言をいいつつ(笑)国産のカカオで、しかも都内で栽培されたカカオが存在することを実感しました。

平塚製菓さんの社内にあるラボラトリーにて。こんな様子も。

カカオの実を次々と割って、カカオ豆を取り出しています。

しかもカカオの発酵までこの草加市のラボラトリーで手がけています。

カカオ豆の発酵も乾燥も草加市内で

発酵してます。カカオ豆が。

カカオの実を栽培、なんと発酵・乾燥の段階から国内で手がけて、チョコレートを作るとは、なんというレアなことを。

さまざまな工程を経て、完成したのがこのチョコレートです。

東京産のカカオだから江戸切子をデザインしたオリジナルのタブレット。

発端は、平塚社長の夢

このチョコレートは、平塚製菓の社長さまの「こんなチョコレートがあったらかっこいいな」が形になっているのです。

「2003年に業界の方たちと一緒に、ガーナでプランテーションをみたんです。小規模な農家でした。カカオの木を見るにつけ、ああ、これがぼくらの飯のたね。チョコを生業にしているのによく知らなかった。身近に木を植えたいな、実ってチョコを作ったらどんな味になるな、できたらみなさんに配ってみたいなと思ったんです」と平塚正幸社長。

「最初はやっぱり、沖縄、と思ったんです。私は海が好きですしね。でも、私は東京生まれで、東京育ちです。東京でカカオを植えられたらいいなと思ったときに、小笠原、と気がついた。東京産カカオのチョコレート。できたらかっこいい感じがするでしょう。私は東京産のカカオを作りたかったんです」

その後は、ありとあらゆる紆余曲折。何年もかけてカカオ栽培に取り組み、母島の折田農園を営む、折田氏に出会い・・・そして、今があります。

▲取材時に、カカオのお話をされると、まるで少年のような平塚社長さま。&私。タブレットの型を持って。

お取り寄せネットに私が寄稿した記事で
ストーリーをチェックしてください。 クリック↓

開発部の平岡普さんと私です。
ラボラトリーですから衛生管理のため、この服装。(平岡さんは、マスクの下で満面の笑顔)
平岡さんはカカオからチョコレートまでの加工を社内で行う責任者。一週間に一度、船で送られくるカカオを、割って、発酵して、そしてデータを蓄積し。
実験を繰り返しながら得られたプロセスで、小ロットで平岡さんが作るチョコレート。地道な手作業が続きます。
それでも今年は、2万枚が完成したそう。私の印象ではまろやかさがありながらも、なかなか力強いお味。
 
記事にも書きましたが、母島ではハウスの中で栽培されていますし、収穫量はまだまだ本当に僅かです。
カカオは限られた気候でしか育たないトロピカルフルーツですから、カカオの歴史ある産地と同じステージでは(収穫量などの観点で)並べて語ることはできませんが、私は社長さまの夢がこうして形になっていることに、ロマンがあると思うのです。

かっこいいです。東京にちなんだ、江戸切子のデザインも。

不可能を可能にした(!)平塚製菓のみなさんが私は好きです。

来年も平塚社長さまにお会いしなくちゃ!と思っています。

この記事を書いている人 - WRITER -
市川歩美
ショコラコーディネーター®/チョコレートジャーナリスト®
詳しいプロフィールはこちら

Copyright© Chocolate Journal , 2019 All Rights Reserved.