by Ayumi(市川歩美)

ハマ・オカモト副店長の、東京FM「THE TRAD」に出演

この記事を書いている人 - WRITER -
市川歩美
ショコラコーディネーター®/チョコレートジャーナリスト®
詳しいプロフィールはこちら

東京FM「THE TRAD」のスタジオに伺いました。稲垣吾郎店長がおやすみ、とのことでナヴィゲーターは副店長のハマ・オカモトさん。

*番組公式サイトでの、当日の内容紹介
https://www.tfm.co.jp/trad/index.php?catid=3731&itemid=161833

「THE TRAD」で市川歩美がお話したチョコ&カカオピューレ

番組内でみんなでいただきつつ
私がお話したアイテムは

・森永「カレドショコラ」のルビー
パロサント社の「カカオパルプピューレ」(カカオの果肉のピューレ)
・cacaoの「アロマ生チョコレートFIG」(イチジクの葉で香りづけしたというイチジクを感じる生チョコ)

▲これがカカオの果肉を味わえるピューレ。エクアドル産カカオです。

「同級生話」でもりあがったのは

・吉田さんと同級生だったのは、生チョコ。1988年生まれです。
・ハマさんと同級生だったのは、私が注目する新世代のショコラティエ2人。
パリのジュリアン・デシュノと、アントワープのイースク・ヘイニンクです。

私が、「生チョコは、日本で1988年平塚で生まれたんです」
と話したところ、吉田さんが「私、同級生です」と。

注目している海外のショコラティエは、という質問から
「たまたまですけどふたりとも29歳のショコラティエで」
と話したところ、こんどは、ハマさんが同級生、だと。

思いがけず、同級生揃いだったわけですが
それにしても
「わたし、生チョコと同級生」
ってかわいいなー。

Chocolate Milk「Groove City」を聴きながら

ハマ・オカモトさんと、吉田明世さんとは初めてお会いしましたが、心地よかったです。

この番組は、架空のレコード店『THE TRAD』を舞台にしていて
「上質な音楽を、じっくり味わう。」がコンセプト。

なんというか、
レコード屋さんへいったら、
センスのいい店長がいて
この曲いいよ、
なんて、そっといい曲をかけてくれるような感じ。

そして私は
チョコを差し入れて、
チョコの流行りの話をする、みたいなですね。

ちなみに、私は、基本とても音楽が好きで、
大学生のときは、女の子バンドでベースをひいていました。
(ハマ・オカモトさんはベーシスト)
ジャコ・パストリアスをコピーしようとよなよな指を動かしていたこともあります。
どこでもドアーズ、というドアーズのコピーバンドでベースだったときもあります。
(アーティストが渋いでしょ)

そんなこと思い出しちゃったなぁ。
心地よい、お二人でした。

 

この記事を書いている人 - WRITER -
市川歩美
ショコラコーディネーター®/チョコレートジャーナリスト®
詳しいプロフィールはこちら

Copyright© Chocolate Journal , 2020 All Rights Reserved.