チョコレートジャーナル ー チョコレート専門サイト

チョコレートジャーナリストとインフルエンサーとの違いは?「好きを仕事にする」には。

2022/10/28
 
この記事を書いている人 - WRITER -
ショコラコーディネーター®/チョコレートジャーナリスト®
詳しいプロフィールはこちら

こんにちは。チョコレートジャーナリスト、ショコラコーディネーターの市川歩美です。

好きを仕事にする、をテーマにした大和書房によるメディア「Iam」で、私のインタビューが掲載されています。テーマは私の仕事について。仕事について興味のある方は、読んでみてください。

記事:「好き」だけでは「仕事」にならない。価値を生み出す「得意」が必要。《第1話》チョコレートジャーナリスト市川歩美さん
https://iam-iam.jp/9116/

 

チョコレートのジャーナリスト・コーディネーターはめずらしい

 

私はチョコレートジャーナリストと名乗り、主にチョコレート・カカオテーマに情報発信やコーディネートの仕事をしています。

いろんな意味で、このような仕事を長きにわたって行なっている人は珍しく、興味を持ってくださる方が時々います。

また私がもともと放送局出身で、会社を辞めて独立して仕事をしている点にも、興味を持ってくださる方が多いようです。(恐れいります〜)

 

インフルエンサーさんとも違う

 

めずらしい、といえばどうめずらしいか。少し説明してみます。

まず私の仕事は、「影響」という意味でのインフルエンスがある、という点では、インフルエンサーではないかと思いますが、いわゆる「インフルエンサー」とは違います。

説明すると

「インフルエンサー」という言葉は広義ですが、ひとつは、趣味でSNS投稿などをしている方。

何らかの方法でフォロワーを増やし、PR案件がDMで依頼がきたらそれを受け、企業の求めどおりにイメージよくInstagramで、自分のまわりに商品の購入を促します。

つまりこれは「何かをもらうひきかえに、SNSの投稿をして、商品のプロモーションを手伝う」流れですね。これがインフルエンサーさん。

最近は「商品を送るので、#をつけてインスタグラムに投稿してもらえませんか」というPR代行の方からの依頼が、ものすごく多いですし、無料でものをもらえる、サービスを受けられる=うれしい、ということで、依頼に応じ、投稿する方は多いと思います。

そういうインフルエンサーさんとは、私は根本的に違っていて、どこが違うかというと

私の場合、これは、と感じたものだけを広く伝えることに意義を感じるので、ピンと来なければ投稿も活動もできません。

もちろん、まずは知らなければ何も始まらないので、情報は大歓迎です。でも、次に、「あゆみフィルター」を通し、?と思ったら発信はできないし、ひびかないことには活動もできません。ただ、反対にこれは!と感じれば、がっつり、広く伝えようと動きますよ!

つまり。

私は、私が?と頭をひねるようなものや、ピンとこないものには、例えすごい大金を積まれても、情報発信できないということになります。(すごい大金を積まれたためしがないのにとらぬ狸のナントカですが(涙))。

私はチョコ情報を一般の方よりかなり多く知っていますが、全ての情報発信はできません。これは、私が番組を作っていたころから同じです。

また、もう一つの違いは、SNS投稿だけが私の発信ではないこと。SNSは私の活動のごくごく1部です。

 

自分を目立たせるためでもない……

 

あとは、アフィリエイト収入を得る目的がルーツにあり、WEBサイトなどを作ってチョコをネタにして情報を発信し、収入を得ている方もいますね。

そういうお金儲けのプロを少しは見習ったほうがいいんじゃないか説もありますが笑、私はそういう、収入を第一に期待した情報発信もしていないのです。

なぜでしょうか。

考えると私の場合、ルーツがチョコ。モチベーションの源がチョコ。伝えたいチョコありきの情報発信であるという、始発点と、優先順位の違いだと思います。

もうひとつのパターンは、芸能人さんなどの場合ですね。

これまでの自分に何かプラスアルファ、特技や個性を持っておくこと=お仕事のオファーがくる可能性が高まり、未来の助けになるかも、という考えから、「何か」を打ち出す方は多いですね。あるいは一般の方も、自分を目立たせるために何か、好きでやりやすいものをピックアップして打ち出すような、です。

それでいくと、私はキャラ作りでもなんでもなく、養殖でなく天然、選択の余地なくチョコ一択。メディアとの関わりもチョコと同じく。アドバイスも誰からももらっていません。

私は実際、よく真似されます。前例がない仕事なので、参考にできる人もいません。我ながら、このひと物好き(チョコ好き)だしよくやるなーと、書いてて思えてくるのでした。

 

Voicyでも「好きを仕事にする」について市川歩美がトーク

 

私はこれで大丈夫なのでしょうか??

記事を書きつつふとそんな疑問がよぎったりしますが、いえることは、私の仕事は、他の人と似ているようで誰にも似ていなくて、自然発生的で、オリジナル。目の前に誰の敷いたレールもありませんが、みなさんの応援のおかげもあり何とかなっていますので、こういうのもありですよね!

音声番組をお届けするメディア、Voicyでも、ちょこっとお話しました。

Voicyは、お声をかけていただき、5月に始めたメディアです。今は週一くらいでおしゃべり。差し入れで応援してくださる方のお気持ちが嬉しすぎて、1日ハッピーに仕事ができたりしています。

アカウントを持っている方は、ぜひフォローしてくださいね。アカウントがなくても聞けます。チョコ関係のみなさんは、こんど出演してください!

Iamの方は、3回までインタビューが掲載されます。かなりカジュアルに話しています。「好きを仕事にしたい」人だけでなく、私の仕事を垣間見たい方は、読んでください。

Voicyの最後でも話しましたが、仕事やチョコレートの世界について、もっと制約なくリアルな話を知りたい方もいるのではと、ここのところ感じます。なので「読みたい」という意思を持った方だけが読めるコンテンツの配信を考えています。私らしい一面を、さらにみなさんに知っていただけるのもうれしいですしね。

諸々、またまとまり次第、お知らせします。

*後日さらに本音を交えて、深掘りした内容にして、情報が必要な方のみ読める有料記事にする予定です。

text
チョコレートジャーナリスト  市川歩美

 

この記事を書いている人 - WRITER -
ショコラコーディネーター®/チョコレートジャーナリスト®
詳しいプロフィールはこちら

Copyright© The Chocolate Journal , 2022 All Rights Reserved.