by Ayumi(市川歩美)

ニューヨークのチョコレート取材にて

この記事を書いている人 - WRITER -
市川歩美
ショコラコーディネーター®/チョコレートジャーナリスト®
詳しいプロフィールはこちら

こんにちは。チョコレートジャーナリストの市川歩美です。

今、ニューヨーク取材中です。

ニューヨークからのつぶやきみたいになりますが、おつきあいくださいね。

市川歩美 IN ニューヨーク

ニューヨーク。
実は、私が住む東京のエリアに景色や環境が似ていて、ほっとします。

上の写真の、夕方が夜に変わるときのニューヨーク、どうですか?ちょっと六本木っぽくないですか?

今日は、世界遺産登録された「ソロモン・R・グッゲンハイム美術館」に足を運びました。本当に好きな美術館です。建築はフランク・ロイド・ライトによるもの。

さらに今回はいつも以上に歩き回っています。すごい動き回りぶりです。取材で訪れる街は、予備知識を入れすぎずに、歩き回ることが多いんですけれどね。

ニューヨークでチョコレートに思う

今回はうれしい出会いがありました。

いつか媒体で書くつもりなので、ここでは書きませんが(私の仕事柄そういうことも多いです)、全くノーマークだったマンハッタンの小さなチョコレート店、そして知ってたけど期待していなかったチョコレート店(ごめんなさい)がすごかったんです。

ここのところ、もやもやしていたのがぱーっと晴れた感じ。チョコレートの仕事をしていくうえでの希望をもらいました。

トークイベントとか、みなさんとお話する会、かなにかで語りたい話ではあるのですが

私はチョコレートを昔からアートだと捉えているところがあり、作り手のセンス(感じ、そしてあらわしたいこと)が、チョコレートという形になっているという感じ方、というかですね。おわかりになるでしょうか。

ところが、昨今、個人的にですがそのアート性を深く感じられるものがそう多くはない気がしていて、私を揺らしてくれる、感動をくれるチョコレートはどこにあるのだろうと考えていました。

「誰かに勝ちたい」「賞をとりたい」「目新しいものを依頼に応じて期限内に作る必要がある」

これらは伝わってくるし、大切なモチベーションだと理解しています。でもそれとは違う、表現したいものを私は表現している、というピュアな感覚。私はこれがいいと思っているんですという、感覚。

勝ち負け感、必死感は、そこにはなく「私はこういう感覚や記憶を持ち、こう形に表し、伝えているんですよ」とピュアに私に届く感じ。私はおしつけられないし、まるで流れる美しい音楽とかやさしい会話のようなですね。だけどうわ、すごいねこれはとすぐにわかるという。私の側としては、そういうものに触れていなさすぎると、ちょっと元気を蓄えられないというかですね。

仕事柄、事実を知る立場になりましたし、東京をベースに、海外取材を続けるようになって、海外のチョコレートは、日本に来るとこうもニュアンスが変わってしまうものなのか、と驚いたりですね。

ニューヨークは、エキサイティングですが、私はリラックスしています。ニューヨークで暮らす人々も、おのおのリラックスしているように見えます。東京以上に。いいですね。

あーいろいろ書いちゃいましたけど

今はとても心地よいから、パリ以上に、次もニューヨークに足を運びたいかも。(こっそり)

https://www.instagram.com/p/BzIl7vABxrV/?igshid=sznl4ccgz2lf

この記事を書いている人 - WRITER -
市川歩美
ショコラコーディネーター®/チョコレートジャーナリスト®
詳しいプロフィールはこちら

Copyright© Chocolate Journal , 2019 All Rights Reserved.