by Ayumi(市川歩美)

メキシコのカカオ農園を取材中です!

この記事を書いている人 - WRITER -
ショコラコーディネーター®/チョコレートジャーナリスト®
詳しいプロフィールはこちら

(2018年8月21日に書いた記事の転載)

こんにちは。チョコレートジャーナリスト、ショコラコーディネーターの市川歩美です。メキシコを取材中です。

初のメキシコ。

チョコレート、カカオに関わる私にとって、メキシコは最も興味がある国といえます。理由は、メキシコはカカオ栽培の発祥の地、とされ、カカオの歴史と深い関わりがあるからです。マヤ文明、アステカ文明などの歴史への興味も尽きることがありません。

 

ソコヌスコのカカオ農園へ!

 

さて、今は私は、メキシコ各地を移動しながら情報収拾していて、メキシコで記事を書いています。

私が訪れたカカオ生産地は、チョコレート愛好家の方ならお馴染みではないでしょうか。「ソコヌスコ」のカカオ農園です。

ソコヌスコは、グアテマラのすぐそばにあります。チアパス州タパチュラにあり、ソコヌスコ(ショコヌスコ)という地方のことをさします。

ソコヌスコでカカオの果肉を味わう

 

下の写真は、ソコヌスコのカカオ農園で、カカオポッドを割ってみたときのものです。

IMG_6558

白いところは、カカオのたね(カカオ豆)を囲む、果肉。

この果肉が、もう、本当に美味しくてですね……。私は農園に行くたびに「ちょっといただいていいですか」などといいながら、味わっています。

どんな味かというと、ライチや時にローズのような風味で甘酸っぱいです。フレッシュな果肉を味わえるのは、農園を訪れたときならではで、毎回遠くへきたなぁ、おいしいなぁなどと思いながら、しみじみ、です。

IMG_6561

収穫したて、となるとこの味は、生産地以外体験できませんが、果肉をジュースにして提供しているお店なら、日本にもあります。

「カカオパルプジュース」「カカオフルーツジュース」のような名前で、販売されています。

ただ、ここへきて感じるのは、この気候で、この地で、割ったばかりの実からつまんで、種を口にいれたときの味と香りは、格別なものがあります。

カカオ産地へは、毎年訪れますが、今回は初めてのラテンアメリカです。引き続き、しばらくメキシコでカカオ、チョコレート、さらには文化を体験してきますね。

オールアバウトで、3つの記事にして公開予定ですので、ご期待ください。

textと写真/ チョコレートジャーナリスト  市川歩美

この記事を書いている人 - WRITER -
ショコラコーディネーター®/チョコレートジャーナリスト®
詳しいプロフィールはこちら

Copyright© The Chocolate Journal , 2018 All Rights Reserved.