by Ayumi(市川歩美)

森永チョコフレーク、今までありがとう

この記事を書いている人 - WRITER -
市川歩美
ショコラコーディネーター®/チョコレートジャーナリスト®
詳しいプロフィールはこちら

こんにちは。チョコレートジャーナリスト、ショコラコーディネーターの市川歩美です。

東洋経済オンラインに書いた記事です。チョコフレークファンのみなさん、そしてチョコフレークをあまりご存じない方も読んでください。

市川歩美が書いたチョコフレーク記事

チョコフレークが森永の「撤退」でも不滅の理由

1位の日清シスコは隆々たる地位を築いている

改めて、私もチョコフレークについて、勉強になりました。

日清シスコさんが、いかにチョコフレークという商品を大切に守り、思いを込め続けてきたか。そして今後も愛情を持って守っていこうとしているのか。その心意気かがよくわかりました。

個人的には日清シスコさんのコーンフレークのコーンの香りが、私はとても好きです。

森永チョコフレークに心から感謝

 

そして。惜しまれながらも役割を終えた、森永チョコフレークには、心から感謝します。

私、子供のころは「森永チョコフレーク以外のチョコフレークはない」と完全に信じていました。多分、私のような人だらけだと思います。

なぜなら、たとえば、テレビCMの「森永、チョッコフレーク、ピポピポ」。これを私たちは、何度聞いたことでしょう。すっかり刷り込またレベルです。

▲この画像は、森永製菓さんの社内で、特別に撮影させていただいたもの

森永さんの社内には、販売開始当時のチョコフレークのパッケージがきれいに保存されています。私はそれをみて、一瞬で昭和にタイムスリップしました。

あの音がいまも聞こえてきそう。
箱をふると、しゃかしゃかしゃか。夏になると全部くっつく。でもそのくっついた状態も美味しかった。最後は大きな口をあーん、とあけて、粉々になった細かいのも、全部残さずたべたっけ。子どものころのあの感覚を、いまも全部覚えています。

あのときはありがとう。楽しかったな〜。森永チョコフレークの懐かしい思い出。記事を書きながら、私は、そっと心の中で、森永チョコフレークにお礼を言っていました。

text
チョコレートジャーナリスト  市川歩美

この記事を書いている人 - WRITER -
市川歩美
ショコラコーディネーター®/チョコレートジャーナリスト®
詳しいプロフィールはこちら

Copyright© Chocolate Journal , 2019 All Rights Reserved.