by Ayumi(市川歩美)

ジャン=ポール・エヴァンシェフと市川歩美 パリにて

この記事を書いている人 - WRITER -
市川歩美
ショコラコーディネーター®/チョコレートジャーナリスト®
詳しいプロフィールはこちら

2018年6月28日に書いた記事の転載です)

こんにちは。チョコレートジャーナリスト、ショコラコーディネーターの市川歩美です。

2018年6月28日です。いま、パリで書いています。お元気ですか?

パリは暑くて、チョコレートが溶けそうなほどです。今調べたら、パリは27℃、東京は26℃。パリ在住の方によると、パリでこの時期にこの気温は珍しいそう。

太陽が眩しく、青空が広がるパリ。今日は、ジャン=ポール・エヴァンシェフにお会いしていました。

 

ジャン=ポール・エヴァンシェフと、パリでご一緒に

 

ジャン=ポール・エヴァンのパリのブティック。今回はすべて回り、エヴァンシェフとは2店舗でお会いしました。

IMG_5040

エヴァンシェフとは、日本やパリの別の場所では何度かお目にかかっています。でも、パリのブティックでお会いするのは初めてで、新鮮。

ジャン=ポール・エヴァンの最新店・サントノーレ店

 

パリのサントノーレに今月オープンしたばかりの新店舗です。

キラキラ!

以前は、ヴァンドーム店にサロンがありました。でもサロンがクローズしてから、しばらくパリにサロンのあるブティックがなかったため、久しぶりのサロン併設店です。

サロンは今のところ、扉のむこうの隠れ家的な場所にあり「今度はセミナーや小さな集まりなどに使うかも、あるいはサロンにするかもしれません」とのこと。エヴァンさんから直接伺いました。

 

ジャン=ポール・エヴァン氏がビーントゥバーを試作

 

今回は、カカオ豆からのチョコレート作りの取り組みを拝見しました。アトリエに機材を揃え、エヴァン氏はご自身であらゆる試作をしています。

プロセスを見せてくださいました。

厳選されたカカオ豆が、各国からパリのアトリエに集まります。焙煎の温度、時間などの、全工程をテスト。商品化のまえにまずは「カカオ豆から美味しいチョコレートをどう作るか」を研究されているところです。

いつか数量限定で、エヴァンのビーントゥバーが登場する可能性もあるかもしれませんが、実現したら美味しいことでしょうね。(すでに味まで妄想)

 

私は、エヴァンシェフがチョコレートやカカオ豆にふれているのを、間近で見るのが好きです。なぜなら、本当にチョコレートを本当に愛している方だ、とわかるから。

カカオからチョコレートになったばかりのペーストを味わい「もうチョコレートになったよ!」と私を見て微笑んだときの、少年のようなうれしそうな表情で、私は確信しました。ショコラ大好き同士(恐縮ですが)だからでしょうか。

私も子どもの頃からチョコレートが大好きなので「チョコレートで幸せになれる人なのかどうか」は、わりとすぐにわかります。

ジャン=ポール・エヴァンのパリのチョコレートショップのことは、まとめて記事にしますので、お楽しみに。

日差しのまぶしいパリにて。
text
チョコレートジャーナリスト  市川歩美

関連記事

ジャン=ポール・エヴァン パリ全店を解説

https://www.instagram.com/p/BkhulvtHflw/?utm_source=ig_web_copy_link

Click→ジャン=ポール・エヴァンのアンヴァリッド店

 

この記事を書いている人 - WRITER -
市川歩美
ショコラコーディネーター®/チョコレートジャーナリスト®
詳しいプロフィールはこちら

Copyright© Chocolate Journal , 2019 All Rights Reserved.