チョコレートジャーナル BY AYUMI ICHIKAWA

フランク・フレッソンさんはどんな職人だったのか(限定公開記事)

2022/09/30
 
この記事を書いている人 - WRITER -
ショコラコーディネーター®/チョコレートジャーナリスト®
詳しいプロフィールはこちら

こんにちは。チョコレートジャーナリスト、ショコラコーディネーターの市川歩美です。

この記事は、9月19日の深夜53歳で亡くなった、フランス・ロワール地方のM.O.Fパティシエ、フランク・フレッソンさんの職人とは、どんな人だったのかを記事にします。

フレッソンさんと15年の交流があり、3年8か月、フランスの本店で仕事を任されていた、本間友梨さんからのリアルな話を中心にまとめました。

忖度なし、オープンにしたくない話もあるので、限定記事です。

厳しい職人だったM.O.Fパティシエ、フランク・フレッソンさんと、フランスでパティシエ・ショコラティエとして働く本間友梨さん(元グラッシェルのシェフ)の大切な話。

あの素晴らしいチョコレートの向こうにある、職人の厳しい生き方、本物の優しさをとは。
人を育てるということは。フレッソンさんが、ルレ・デセールを辞めた理由は。

きっと皆さんが知らないことばかりです。素晴らしい話は、手を伸ばした人には届いて欲しい。私の心が震えたように、チョコレートに関わる人になら、心に響くと思います。

*記事は匿名で購入できます。購入はもう少しスクロールした↓から。ふみこんだチョコレートジャーナル
*本間さんと私にまじってお喋りするお茶代くらいなのでお気軽に。
*取材・執筆:市川歩美

なんでいってくれなかったのか


ー本間さんと私がやりとりしたフランス時間の20日の夜。以下、私=本間さん。

私が、合計3年8ヶ月つとめた「フランク・フレッソン」をやめたのは、昔の厳しいフレッソンさんを知っていたからかもしれません。

私がフレッソンをやめたときの話です。あるとき、私はフレッソンさんと「なんで、もっと厨房にいてくれないんだ」というぶつかり方をしました。ラボで起きる問題が色々ある、そういうことに、以前のようにもっと毎日厨房にいて目を向けてください、なんで目を向けないんですか、と。

真っ向からぶつかる私に、フレッソンさんは、前みたいに言い返してはきませんでした。私の話に、そうだな、といって聞いていた。

私は「もう私が店の方針やシェフのやり方と合わなくなっているなら、お互いのためにならない」と考えて、職場を去ることに決めたんです。

でも、思い返すと、その時からフレッソンさんは、体が悪かったのかもしれません。(つづく)

この記事を書いている人 - WRITER -
ショコラコーディネーター®/チョコレートジャーナリスト®
詳しいプロフィールはこちら

Copyright© The Chocolate Journal , 2022 All Rights Reserved.