by Ayumi(市川歩美)

ミシェル・クルイゼル バレンタインコレクション2021を発表

この記事を書いている人 - WRITER -
市川歩美
ショコラコーディネーター®/チョコレートジャーナリスト®
詳しいプロフィールはこちら

こんにちは。チョコレートジャーナリスト、ショコラコーディネーターの市川歩美です。

フランスのチョコレートブランド「ミシェル・クルイゼル」が、2021年バレンタインにも、日本で販売されることが決まりました。

ミシェル・クルイゼル 2021年バレンタインの新作コフレ

 

フランス・ノルマンディーで1948年に創業した、カカオ豆からチョコレート作りを手がける「ミシェル・クルイゼル(MICHEL CLUISEL)」。

バレンタインシーズンのみ日本で限定販売され、多くのファンがいます。来年のバレンタインも日本での販売が決定。新作もいろいろありますので、一部をご紹介します。

 

「コフレ・ル・ショコラNo.8 」3,000円(税抜)

ミシェル・クルイゼルでは初の、あかるいカラーのボックス。日本のファンに明るい気持ちを届けたいという、ブランドの気持ちが現れています。

フランスでデザインされ、製造されたスペシャルボックス、中には、新作4種と、人気の2種、合計8粒が入っています。

1. ガナッシュ「トリュフ・ア・ラ・クリーム」(新登場)
ダークチョコレートのガナッシュをフィリング

2. ガナッシュ「カカオフォルト」
99%カカオのガナッシュを使用した一番人気のボンボンショコラ。(私も好きです)

3.プラリネ「タボール」(新登場)
自家製プラリネのミルクチョコレートコーティング、 ヘーゼルナッツを1粒トッピング

4.プラリネ「アフロディ」(新登場)
白い可愛いデザイン、33%カカオのホワイトチョコレートにフィアンティーヌ(薄焼きクレープ)、花椒の爽やさとラズベリーをマリアージュ

5. ガナッシュ「カプチーノ」(新登場)
ショコラの形がカプチーノ。ダークチョコレートシェルに、コーヒーとミルクチョコレートのガナッシュをフィリング

6. ガナッシュ「エスメラルダ」
ダークチョコレートにレモンダイスをフィリング

 

サーディン、バゲットのチョコレートの新作

 

日本で人気の、サーディンそっくり、バゲットそっくりのチョコレートも登場します。ネコデザインの缶に、サーディン。小さなバスケットにバゲット。かわいらしいです。

ミシェル・クルイゼルとは?

 

ミシェル・クルイゼルについては、私が現地(ノルマンディーのダンヴィル)を取材して執筆した記事を(以下)ご覧ください。

「ミシェル・クルイゼル」のチョコレートの魅力と歴史

(オールアバウト text 市川歩美)

フランスでは、新型コロナウイルスの感染が再び急速に拡大し、今日(30日)から再度、全国で外出制限が行われます。

ブランドの現状を知る関係者によると、オーナーのマーク・クルイゼルさんも、ブランドのスタッフのみなさんもお元気で、バレンタインシーズンに日本のファンにチョコレートを届けるため、前向きに取り組んでくださっているそう。

他にも新作多数です。バレンタインを楽しみに待ちましょう。

text チョコレートジャーナリスト  市川歩美

この記事を書いている人 - WRITER -
市川歩美
ショコラコーディネーター®/チョコレートジャーナリスト®
詳しいプロフィールはこちら

Copyright© Chocolate Journal , 2020 All Rights Reserved.