by Ayumi(市川歩美)

カサネオのミルクレープ ダブルショコラをおとりよせ(西麻布ドゥリエールを思い出しつつ)

この記事を書いている人 - WRITER -
市川歩美
ショコラコーディネーター®/チョコレートジャーナリスト®
詳しいプロフィールはこちら

こんにちは。チョコレートジャーナリスト、ショコラコーディネーターの市川歩美です。

「おいしいマルシェ」の連載で、おとりよせで楽しめる「カサネオ」のチョコレートのミルクレープについて書きました。

カサネオの「ミルクレープ ダブルショコラ」

ルエル・ドゥ・ドゥリエール(西麻布)のミルクレープを思い出しつつ

 

ミルクレープって、ぷつぷつぷつっ……とフォークで縦に切れていく感触が、気持ちいいですよね。薄いクレープ生地が何枚も重なり、クリームがしっとりと薄くサンドされています。

もう、何年も前になりますが、かつて西麻布にあった「ルエル・ドゥ・ドゥリエール」へよく行きました(1978年オープン、数年前に閉店、私が出かけてたのは後半)。

このお店は「ミルクレープ」が有名で、深夜までオープンしていたので、私は夜、おなかがすくと、出かけていってミルクレープを食べたり、買って帰ったりしていました。なつかしいです。

もっとさかのぼると、名古屋の放送局時代は、池下にあった「ドゥリエール」(今もあるようですが、今と同じスタイルではない様子)でミルクレープとお茶するのが、ちょっと贅沢な楽しみでした。

ミルクレープは、私の中で「素朴」ではなく、特別でした。おしゃれな人だけが集うカフェにあるケーキ。ナイフとフォークでいただく、スタイルのある存在でした。

それにしてもかつての思い出は、私の手に、今も感触としてしっかり残っていて、いまもときどき、あの、ぷつぷつぷつっとフォークで縦に切る、あの手応えを感じてみたくなることがあります。

 

おいしいマルシェ「ミルクレープ ダブルショコラ」

 

そんな私が、近年、冷凍配送してくれる、ミルクレープの専門ブランドがあることを知りました。

それで書いた記事は以下

チョコレートが大好きなみんなに贈りたい、20層“萌え断”ミルクレープ/ギフトにしたい人気のチョコ vol.1

ミルクレープの専門ブランド「casaneo(カサネオ)」の「ミルクレープ ダブルショコラ」です。

「カサネオ」というブランド名は、ミルクレープにちなんでいて、「重ねる」=カサ、そして「Neo(新しい)」=ネオ なのだそう。

あの頃、とても大人っぽかったケーキが、こんなにかわいい感じになって、手頃に買えるようになったなんてちょっとびっくり。

箱を開けたら、カットするための、ナイフ(金属ではない)が入っていました。パンフレットがわかりやすくて、かわいいです。

解凍して、カットして、お皿にのせて、自宅のシルバーでいただきました。

時代は変わりましたが、私が感じたかった、ぷつぷつぷつっと、縦にカットしていく感覚は、ミルクレープが「ネオ」になっても、健在でした。

text
チョコレートジャーナリスト  市川歩美

この記事を書いている人 - WRITER -
市川歩美
ショコラコーディネーター®/チョコレートジャーナリスト®
詳しいプロフィールはこちら

Copyright© Chocolate Journal , 2020 All Rights Reserved.