by Ayumi(市川歩美)

ココアシガレットのデザインがよい。(チョコじゃないけど)

この記事を書いている人 - WRITER -
市川歩美
ショコラコーディネーター®/チョコレートジャーナリスト®
詳しいプロフィールはこちら

こんにちは。チョコレートジャーナリスト、ショコラコーディネーターの市川歩美です。

ココアシガレット(オリオン)

「ココアシガレット」って知っていますか?

先日、近所のお菓子屋さんで不意に出会い、しばらく見とれて、買ってしまいました。

1951年生まれのオリオン株式会社の看板商品。来年70周年を迎えるロングセラーなので「懐かしい〜」「タバコの真似して、子供のときぷはー、ってやりました」という声が沢山聞こえてきそう。

実際私のインスタのストーリーやTwitterのポストへのメッセージにもそんなお声が多数。

ココアシガレットのデザインがよい

それにしても、デザイン性が高いかも。自宅にぽん、と置いておいて、こういうスタイルになる30円ってあんまりないかも。

絵になります。色もカタカナもいいですよね。

ココアシガレットは、チョコじゃないのでお間違いなく

ただしチョコ好きなチョコレートジャーナル読者のみなさん。これは決してチョコではないので、チョコ感を期待しないように。

「ココアシガレット」は、カリっと硬くて、ラムネのような風味。硬いガム?のようなテクスチャーの砂糖菓子です。全然チョコではなく「ココア」という名称からせめて「ココア味」を期待しそうですが、ほぼココア感無し、といってよいでしょう!笑

中身のデザインも、小さなチョークのごとく可愛いです。

「子どもの頃、食べました〜」というフォロワーさんが多いですが、私の記憶にはどうも、ないんです。

ただですね、替わりに「タバコ型のチョコ(薄い紙で巻いてある)」の記憶があるんですよね。あれ何だったのかな。祖父の真似をして「ぷは〜」なんて遊びました。私の記憶にあるだけに、中身はばっちりぎっしり、チョコでした。

ステイホームな日々。今まで以上に、徒歩圏内のお菓子屋さんへ足を運ぶようになり、色々な発見があります。

今はなき師匠のピースみたい

個人的な話なんですが、「ココアシガレット」を見ると、私の放送局時代の師匠(Sさんというプロデューサー。超厳しい人でしたが)が、いつも吸っていた「ピース」を思い出します。こんな色だったんですよね、箱や缶が。

私は「タバコ買うくらいなら断然チョコだよな」等と心の中だけで言いながら、師匠がいつも、本と一緒に持ち歩いている「ピース」を時々、眺めていました。容赦なく鍛えられ、あらゆることを学びましたが、よく師匠の話を聞きながら(ときにへこみながら)、タバコの箱の、あのデザインはいいな、なんて深い紺色を横目でじっと見てたりしたものです。

text
チョコレートジャーナリスト  市川歩美

この記事を書いている人 - WRITER -
市川歩美
ショコラコーディネーター®/チョコレートジャーナリスト®
詳しいプロフィールはこちら

Copyright© Chocolate Journal , 2020 All Rights Reserved.