by Ayumi(市川歩美)

ヨックモックが医療従事者にクッキーを無償提供

この記事を書いている人 - WRITER -
市川歩美
ショコラコーディネーター®/チョコレートジャーナリスト®
詳しいプロフィールはこちら

こんにちは。チョコレートジャーナリスト、ショコラコーディネーターの市川歩美です。今日はヨックモックの取り組みについて。

ヨックモックが医療従事者にクッキーを無償提供

ヨックモックグループが、全国の医療従事者に無償でクッキーを届けました。内容は代表商品の「シガール」など。公式サイトを通じて、全国からメールによる希望を募り、200の病院、クリニックに向けて発送されました。

ヨックモック公式サイトによると
「これまで一部の医療従事者の皆様へ感謝の気持ちを込めて、ささやかながらクッキーを贈る活動を行って参りましたが、より多くの医療従事者の皆様に感謝の気持ちをお伝えする方法はないかと考え、この度クッキーの無償提供を行います」

※現在、受付は終了しています。

ヨックモックのシガールが届いた医療従事者の声

クッキーが到着したクリニックなどからは、次々と感謝の声が上がっています。

ある医療従事者の方は、SNSを通じてこんな報告をされていました。一部抜粋します。

勤め先の病院に株式会社ヨックモック様より医療従事者頑張れシガールが届きました。
「菓子は人間の生活に欠くことの出来ないものである」

戦時中も材料確保に奔走しながら守り作られてきた日本が誇る老舗の洋菓子ブランド。心を満たす暖かい時間を共有できる、甘くて郷愁を誘う味は創業時から守られてきたものだとか。ブランド名にもなった遠く離れたスウェーデンのヨックモックに想いを馳せながら明日への活力を満たします。

ヨックモック創業者の理念

実は上記のコメントを書かれたのは、私が大変お世話になっている素敵な方なんですが、嬉しかったのは「(ヨックモックさんの理念や歴史は)市川さんが東洋経済オンラインに書いた記事を読んで知ったこと」と同時に報告してくださっていたことです。私が伝えたかったことが、どなたかの心に届き、記憶に残っていたんだ、と知るのは、私の仕事において一番嬉しいことです。

公開当時からアクセス多数、今も広く読まれています。詳しくはこちら。

ヨックモックの語源は?


(ヨックモックは元々チョコレートを作っていた会社です)

東洋経済オンラインの記事の直リンクはこちら
「ヨックモック」日本人が意外と知らない源泉(text 市川歩美)

「菓子は人間の生活に欠くことのできないものである」

菓子は人間の生活に欠くことのできないものである。

私は、ヨックモック創業者の藤縄則一氏の信念に、そうかもしれない、と共感した日本人のひとりです。

生物として(「ホモ・サピエンス」として)捉えれば、お菓子はなくとも生きていけるでしょう。しかし、私たちには、習慣や行動の積み重ねがあり、記憶があり、文化があります。楽しい気持ち、精神的な安らぎは、生き抜く厳しさに直面したときに私たちを救ってくれる。お菓子は、やさしい甘さであり、時に愛やおもいやりの形。人間に、生きる喜びを思い出させてくれ、たとえ一時的であったとしても人生を乗り切る力をくれるのは、実はこういうものなのかもしれません。
(でも食べ過ぎはもちろんよくないですけどね)

ヨックモック公式サイトでの報告はこちら
※受付は終了しています。

南青山のヨックモック本店「ブルーブリックラウンジ」(現在は休業)の前を、昨日も歩いて通りました。心地よいテラスでまたお茶できる日を楽しみに!

text
チョコレートジャーナリスト  市川歩美

この記事を書いている人 - WRITER -
市川歩美
ショコラコーディネーター®/チョコレートジャーナリスト®
詳しいプロフィールはこちら

Copyright© Chocolate Journal , 2020 All Rights Reserved.