by Ayumi(市川歩美)

パスカル・ル・ガックのチョコレート「ボンボンショコラ6個入り」を味わう!

この記事を書いている人 - WRITER -
市川歩美
ショコラコーディネーター®/チョコレートジャーナリスト®
詳しいプロフィールはこちら

今だからおうちでチョコ。

自宅から出ずに楽しめるチョコレートを特集します!

チョコレートジャーナリストの市川歩美が、自宅で楽しめるチョコレートを次々紹介している今日この頃のChocolate Journal。

フォロワーのみなさん、読者のみなさんからのメッセージやリアクションが多く、うれしいです。

今日は待ってました、という感じかも?私がもう10年以上、変わらず愛し続けている、パスカル・ル・ガックのチョコレートのお話。その1です。

パスカル・ル・ガックのショコラは市川歩美のお気に入りです

パスカル・ル・ガック、といえば、長い高級チョコレート愛好家の間で、おそらく知らない人はいないでしょう。フランスを代表するチョコレート職人です。

今日、「おいしいマルシェ」の市川歩美の連載「ギフトにしたい名作チョコ」が公開されましたので(記事は最後にリンク)、補足として記事を書くことにしました。

PASCAL LE GAC(パスカル・ル・ガック)のチョコレートです。いろいろサイズがありますが、こちらは6個入り。

パスカル・ル・ガックシェフが作るチョコレートは、トレンドやマーケティング、といったストリームと関係なく、変わらず、ぶれることなく。なので、私のように30年近いボンボンショコラの愛好家たちが、長年変わらずパスカル・ル・ガックを愛しています。プロの方も然り。

パスカル・ル・ガックのチョコレートは、フランスのボンボンショコラの伝統を伝え、ベーシックを教えてくれます。比較的新しいチョコレートファンの方にも推薦したいです。

パスカル・ル・ガックボンボンショコラ詰め合わせ 6個入を味わう

そんなパスカル・ル・ガックのチョコレート。

サン=ジェルマン=アン=レーで手作りされたチョコレートが空輸され、かつては日本では限られた会員しか購入できないシステムでしたが、大丈夫。安心してください。今はどなたでも購入できます!

そこで、初心者の方のためにも、意外と分かり易いのでは?
と思いまして、私のメモ入り画像をシェアします。

6種類のチョコレートボックス。どれが何の味か。結構混乱しませんか??

私はじっくり味わいたいボックスの場合、大抵このように直接画像にメモを加えます。

これを見て「歩美さん!これ、分かりやすいですねーー」とおっしゃった方が数名いたので、ときどき、あゆみオリジナル手書きショコラメモを、Chocolate Journalでシェアしようと思い立ちました。

*実をいうと、これ以外にも手書きメモ写真はもう1バージョンありまして、そっちには気付いた事をぎっしりメモしてあります。我ながらわちゃわちゃ書いてあってそっちが面白いんですが笑、貼り付けるのは遠慮して、以下、そのメモをちょこっと抜粋。

  • ビターガナッシュナチュール:カカオの持つ心地よいフルーティさと苦味のバランス。カカオのカボスを半分にカットしたモチーフはブランドのロゴ
  • ラムレーズン:レーズンの果皮が少し。噛むほどに広がるラムレーズンの美味しさ
  • プラリネ グリュエと塩:カリカリっとしたグリュエの食感と塩のアクセント
  • バナナとラム酒:ねっとりとしたバナナらしい食感と風味にラムが調和
  • カフェオレ:コーヒーの風味がよくとろりと口どけるスイートなボンボン
  • ジャマイカ産コショウ:決して胡椒が強すぎることなくチョコレートがベース

市川歩美の連載「ギフトにしたい名作チョコ」Vol.4 記事はこちら

このチョコレートボックスについて、書いた連載記事はこちら。↓

フランスのトップショコラティエによる名作! パスカル・ル・ガックのボンボンショコラ/ギフトにしたい名作チョコ vol.4

日本で買える、ギフトにふさわしい名作チョコレート。今後の連載も楽しみにしていてください!

<おうちでチョコ> パスカル・ル・ガックのチョコレートはオンラインショップから購入できます。

オンラインショップはこちら

<アドバイス>
6個入りもよいですが、10個入りなどもおすすめ。(10個入りについては改めて記事にします)今は、父の日などにふさわしい「Merci(ありがとう)」のメッセージ入りボックスがあってとても素敵。

私は、だいぶ長いパスカル・ル・ガックファンで、本店取材にも伺い、シェフをインタビューする機会も多いのです。それにしても、一度もぶれることなく舞台裏でも思いやりのある、素晴らしい方です。私が長年ファンでいる理由は、美味しさに加え、誠実で思いやりがある、信頼できるシェフだからです。

この記事を書いている人 - WRITER -
市川歩美
ショコラコーディネーター®/チョコレートジャーナリスト®
詳しいプロフィールはこちら

Copyright© Chocolate Journal , 2020 All Rights Reserved.