by Ayumi(市川歩美)

キットカットのミニサイズ1個売りに、コンビニで励まされる。

この記事を書いている人 - WRITER -
市川歩美
ショコラコーディネーター®/チョコレートジャーナリスト®
詳しいプロフィールはこちら

今だからおうちでチョコ。

自宅から出ずに楽しめるチョコレートを特集します!


チョコレートジャーナリストの市川歩美が、おうち生活が長い、今だから楽しみたいチョコレートを、自分自身で楽しみながら、次々とご紹介しています。

最近、自宅近くのコンビニエンスストアへ足を運ぶことって、増えてませんか??
私はざっくりですが2倍くらいになってます。そして日ごとに楽しさを見出しています。

キットカットのミニサイズの単品売りINコンビニ

私が先月見つけて、おおお、と気に入ったのが、キットカットの単品売りです。
知らなかった!こんな風に、ミニサイズが単品販売されていること。

これは桜餅味なので、今ギリギリ残っているお店があるかな??という感じですが、香り・食感ともに桜餅感があり、ピンクのカラーにも癒されます。

メッセージに気分があがります♡

ちっちゃくてかわいい。

こんなのもあって。自分応援チョコにふさわしいのでは?

1個40円(税別)というプライスも、ストレスフリーです。

キットカット単品、「濃い抹茶」「ほうじ茶」も登場

先日、別のセブンイレブンでは5月の「濃い抹茶」が登場していました。

うれしいなぁこんなメッセージ♡

「こだわりのラズベリー」もかわいい。

私はジャーナリストとして、父の日のプチギフトにも推奨したい。

オトナの甘さ 濃い抹茶(4)、オトナの甘さ ほうじ茶(5月発売)、オトナの甘さ ラズベリー(5月発売)と続く予定だそうです。

市川歩美がキットカットについて媒体で書いた記事はこちら

私が、Oggi.jp(小学館)で書いた記事も読んでくださいね。

【セブン】ピンク色のキットカットに励まされた理由は…♡

私がキットカットと出会うシチュエーションは、袋入りのものが、楽屋とか控え室のカゴにあけてあって「一個いただこうっと」と手を伸ばす感じが多かったです。一袋自分で買うのって、ちょっと私には多かったかな。

そういう意味では単品売りのサイズ感がうれしい。それから、このこの感覚、わかりますかね、「コンビニで40円でチョコを買う」行動。これが子ども時代につながります。しかし今は大人なので、励まし&癒しのメッセージへの感じ入り方が深かったりして。

いいなー、セブンイレブンの、キットカットの単品販売。
ぜひ読者のみなさんも、気分転換にセブンイレブンへ出かけたら、ちいさなキットカットを見つけてください。

text
チョコレートジャーナリスト  市川歩美

この記事を書いている人 - WRITER -
市川歩美
ショコラコーディネーター®/チョコレートジャーナリスト®
詳しいプロフィールはこちら

Copyright© Chocolate Journal , 2020 All Rights Reserved.