by Ayumi(市川歩美)

マリ・クレール スタイルの市川歩美の連載「チョコレートに恋して」

この記事を書いている人 - WRITER -
市川歩美
ショコラコーディネーター®/チョコレートジャーナリスト®
詳しいプロフィールはこちら

こんにちは。チョコレートジャーナリスト、ショコラコーディネーターの市川歩美です。

ちょこっと仕事に集中しておりまして、4日ぶりの投稿になります。みなさん、お元気でステイホーム週間を過ごしていますか??(私は、かなりきちんと、外出自粛を守り、健全な生活を送っています♡)

marie claire style(マリ・クレール スタイル)の市川歩美の連載、毎号読んでくださいね

さて。そういえばみなさん。
私のmarie claire style(マリ・クレール スタイル)の連載、ご存知ですよね?ぜひ、読んでくださいね。

お手元にない方も大丈夫。毎号マリ・クレールは、PDFマガジンをダウンロードして、即座に私の連載が読めます。

marie claire style(マリ・クレール スタイル)ダウンロードはこちらから

最新号は2020年4月30日号。表紙は女優のエル・ファイニングです。

市川歩美の連載「チョコレートに恋して」第三回はヴェンキのチョコレート

私の連載「チョコレートに恋して In Love With Chocolate」の第三回は、「イタリアンチョコレート「ヴェンキ」の伝統とモダン」と題しています。

Venchi(ヴェンキ)、といえば、イタリアのトリノ。
トリノといえばジャンドゥーヤ。

元祖カファレルをはじめ、あらゆるジャンドゥーヤがある中、ヴェンキのジャンドゥーヤはユニークです。トラディショナルなブランドでありながら、カカオ分の高いもの、カカオの産地がヴェネズエラ産、などと特定されたものがあります。

甘いものがそんなに得意でない方も、私がこの連載でご紹介した「スモール ホライゾン ハンパー」なら大丈夫。私も好きです。特に「キュボット チョキャビア 75%」は私のフェイバリット。

marie claire style(マリ・クレール スタイル)の連載を読むことで、チョコレートブランドの基本や歴史、私が注目するチョコレートのアイテムがわかります。

おうちでマリ・クレール。ゆっくり、ご自宅で洗練された情報に触れてください。

チョコレートジャーナリスト
市川歩美

 

この記事を書いている人 - WRITER -
市川歩美
ショコラコーディネーター®/チョコレートジャーナリスト®
詳しいプロフィールはこちら

Copyright© Chocolate Journal , 2020 All Rights Reserved.