by Ayumi(市川歩美)

サンフランシスコ(2020年3月4日)日本からの出入国はどうだったか

この記事を書いている人 - WRITER -
市川歩美
ショコラコーディネーター®/チョコレートジャーナリスト®
詳しいプロフィールはこちら

新型コロナウィルスの感染拡大をうけて、3月3日、アメリカ政府が「入国制限を検討する」とした国に、日本が入っていました。また、3月2日から、ANAとJALが、国際線全路線でも2020年3月19日(木)搭乗分まで、キャンセル料、便の変更無料、という特別対応が始まっています。

ーーと、そんな状況下で、アメリカ取材のためサンフランシスコに到着した
チョコレートジャーナリストの市川歩美です。

現在午後16時前ですが、何事もなくサンフランシスコに到着して、ホテルで記事を書いています。

それにしても出国前は、刻一刻と、状況が変わりました。
予期せず、渦中となってしまった、というかですね、
私の周囲の方からも「あゆみさん、空港で足止めくらうんじゃないの」とか「入国できないかもよ」
と心配されていましたし、今も無事なのかと心配しているかもしれません。

なので、その報告も兼ねて、
そして、私のように、今日・明日の出発で、心配しながら
サンフランシスコへ出張しようなどとしている方の参考になればと思い、すぐ、書いておきます。
(刻一刻と状況は変わるため、今後このとおりにいくかどうかはわかりません)

<羽田空港>
3月4日、夕方〜夜の羽田空港は、今までにみたこともないくらい、人がいませんでした。
免税店の方も時間を持て余していらっしゃるようにみえ、しかも全員もれなくマスク着用。
ある高級ブランドの免税ブティックへ入ると、やはりお客さまは私ひとり。「ガラガラ」でした。
スタッフの方が「こういう状況ですからゆっくり商品をご紹介できるのと、商品がたくさん揃っているんです」
と前向きに(マスクの奥はきっと笑顔で)接客してくださいました。
確かに、高級ブランドのスカーフやアクセサリーなどをショッピングしたい方は
ふだんより多くの種類から選べるな、とは思ったりして。
とにかく羽田空港は全員マスク。そして人がいません。

<JALに搭乗時>
この対応が徹底されていた印象です。
また搭乗前、搭乗者全員に対して、14日以内に中国・イランへの渡航歴があったかどうかの確認があります。

<機内>
いたって平和です。アメリカ人の方はマスクをしていない方の方が多く
機内は空いていました。そのせいか、印象でしかありませんが、空気がきれいだった気すらするほど。

<サンフランシスコ国際空港>
「もしかして私が機内にいる間に日本の入国制限が決まったりして」と心配していましたが
それもなく、イミグレーションは、非常ーにスムーズでした。
もちろん、通常でもアメリカに入国するときに受ける質問いくつか&指紋のチェックはあります。
が、とくに今だから厳重だったわけではありません。
空港のスタッフは誰もマスクをしておらず、いきなりサンフランシスコに降り立った途端に
軽快な気分になった、というのが正直な実感です。

<サンフランシスコのダウンタウン>
まだ今、ホテルに着いたばかりで、限られた時間ではありますが
サンフランシスコは、別世界のよう。まず、誰もマスクをしていません。
(文化の違いですが、さきほどもテレビをつけたら
「マスクはウイルスにかかった人はする必要があるが、かかってない人に必要ない、
ウイルスの予防としてつけなくていい)」というような話になっていました)
マスクだけのことではなく
日本でここのところずっと感じてきた、残念感、閉塞感、消極的にならざるを得ないよね感、がないんです。

ロンドン・ブリード氏(サンフランシスコ市長)は、緊急事態宣言を出し、その中で「サンフランシスコ住民の感染が確認されていない」としていました。(※その後の情報では感染された可能性のある数名が確認されています)

日本との状況の違いや、意識の違いはあるにしても
この平和な空気が、もうすでになつかしいです。

当たり前のことは、なくなるとわかりますね、いつも。
ちょっと前までみんなが楽しんでいた平和や安心が、ここにはいま、あります。

今後も引き続き、情報をみなさんにも追っていただき、細心の注意をはらうという前提で、今、私が現地でリアルに感じたことを書きました。

しばらくサンフランシスコにいますので
今回、チョコレートの話ではないんですけど、また書きます。

この記事を書いている人 - WRITER -
市川歩美
ショコラコーディネーター®/チョコレートジャーナリスト®
詳しいプロフィールはこちら

Copyright© Chocolate Journal , 2020 All Rights Reserved.