by Ayumi(市川歩美)

バレンタインチョコレート2020を市川歩美が厳選(T JAPAN)

この記事を書いている人 - WRITER -
市川歩美
ショコラコーディネーター®/チョコレートジャーナリスト®
詳しいプロフィールはこちら

2020年バレンタインチョコレートの中でも、高級感、デザイン性、グルメな方をも満足させる“味”を重視して、チョコレートジャーナリスト、市川歩美が新作や限定品の中からチョコレートを厳選しました。

▲ボンボン ショコラ「フリュイ」9個入り ¥3,000(税込) 帝国ホテル ガルガンチュワ

T JAPANで市川歩美が2020年バレンタインチョコレートを厳選

記事は以下をクリック(text 市川歩美)↓

2020年バレンタイン厳選 大人のためのチョコレート

Chocolates Special Selection for Valentine 2020

 

仕事柄やはりかなりの種類のチョコレートを手にして
そして味わいます。あらゆる選び方がありますが、今回はT JAPANの多くの読者のような
「美味」の体験が豊かで、「美」への感度が高い、大人を想定して選びました。
その中でも、さらにあらゆる年齢層、アンテナを持つ方をイメージしました。
きっとお相手、どれかがヒットするのでは、と思います。

帝国ホテル ボンボン ショコラ 「フリュイ」

ひとつご紹介しますと
トップ画像になっている帝国ホテルの新作は
ボンボン ショコラ 「フリュイ」。
パッケージ全体をご覧いただくとこんなかんじです。

帝国ホテルのショコラティエ、市川幸雄シェフによる新作で
2020年に帝国ホテルが開業130周年を迎えることを記念して作られました。

ヴィジュアルもさることながら、きらめく、という表現がふさわしいフルーツの共演。
「ボンボンショコラ」の名が付いていますが、その枠を超えたある意味挑戦で、
挑戦でありながらも、それにしてもエレガント、美しく、とても美味。
ひとりでこのショコラ にむきあって、私は、はっとしていました。

ショコラ は(美食のシーン、文化においては)「美味」が軸で
ここをはずすわけにはいきません。
しかしもう少し広げて、
私はショコラは「総合的な体験」だとも考えています。
アートと並ぶようなですね。

だからこそ、ご自分でショコラたちに会いに、出かけてみてほしいと思います。
そして味わうところまでの全てを体験する。
最高のショコラは、会いに、わざわざ出かける価値があります。

この記事を書いている人 - WRITER -
市川歩美
ショコラコーディネーター®/チョコレートジャーナリスト®
詳しいプロフィールはこちら

Copyright© Chocolate Journal , 2020 All Rights Reserved.