by Ayumi(市川歩美)

サロン・デュ・ショコラ東京を楽しむための身じたく(日テレ「スッキリ」に出演)

この記事を書いている人 - WRITER -
市川歩美
ショコラコーディネーター®/チョコレートジャーナリスト®
詳しいプロフィールはこちら

こんにちは。チョコレートジャーナリスト、ショコラコーディネーターの市川歩美です。

日本テレビ「スッキリ」で本日、サロン・デュ・ショコラ東京の特集がありました。私は、ショコラコーディネーター市川歩美として出演し、会場をご案内しました。

市川歩美が「サロン・デュ・ショコラ東京2020の会場を案内!

例年のことですが、バレンタインシーズンは、連日、密度の濃いスケジュール。あちこち動き回っております。

そんな中、1月26日は、大盛況のチョコレートイベント、サロン・デュ・ショコラ東京の会場でロケを行い、その楽しみ方を「初心者の方に参考になるように」という趣旨でご案内しました。レポーターは中山美香さんです。

*たくさんの「みました」メッセージ、みなさんありがとうございました!

サロン・デュ・ショコラを楽しむための、基本的な身じたく

 

番組内では、サロン・デュ・ショコラの楽しみ方を、いろいろな視点からお伝えしました。初心者におすすめのブランド、注目のチョコレートブランドや、チョコレートのトレンド、フランス人シェフとのコミュニケーションの仕方、などなど。

そんな中、時間の関係で、お伝えできなかった重要なことがあります。

それが「身じたく」、つまり服装です。意外とサロショ初心者が、間違いやすいのが、服装。これを間違えると、楽しいサロン・デュ・ショコラが、台無しになったりします。

それでは、第一回から、欠かさずサロン・デュ・ショコラに出かけている、私自身の経験をふまえ、基本的なこと書いておきますね。

 

1ー動きやすい靴で

 

靴。大事です。

ハイヒールなどは、少しいて帰るなら別ですが、ぜひやめましょう。私はたいてい持っている靴の中で一番はきやすいスニーカー、あるいはローファーをはいています。

今は入場料がかかるので、できるかぎり長く、できれば最後まで会場にいたい、という気持ちが芽生えますので、思った以上に会場にいてしまったりして、恐ろしく足が疲れます。

スニーカーだったとしても、私は、翌日はたいてい筋肉痛です。私の知人は、帰ってすぐにマッサージに出かけたりしています。つまり靴を間違えると、マッサージ代がかかり、思った以上にコストがかかります。

チョコレートファンは、マッサージ代を使うくらいならまちがいなく、その分をチョコに使いたい、というところです。

 

2ー軽いバッグを持つ

 

ブランドの革のバッグなどを、おしゃれなあなたなら持ちたいにちがいない。しかし、それは間違いです。

サロン・デュ・ショコラでチョコをたくさん買う人に、素材自体が重いバッグを持つ人は皆無です。持っているとしたら、それは「キャリーバッグ」か「スーツケース」です。

チョコは重い食べ物。おもいのほか重いため、私たちは少しでも身軽でなくてはなりません。そうでないと、翌日、足どころか、腕から背中まで、筋肉痛です。ちなみに私がロケで持っているバッグは、290gです。(なのにマチがしっかりあって便利)

 

3ー暑すぎるコート、モコモコすぎるコートはNG

 

サロン・デュ・ショコラの会期は、当然ですが、毎年寒いです。だからといって、モコモコのダウンとか、毛布みたいなあったか・ふっくらコートなどを羽織って出かけてはいけません。

というか、会場では不便です。そういうのを着ていくと、非常ーに後悔する結果となります。つまり、会場は時間帯によっては、すし詰め状態なので「天然おしくらまんじゅう状態」なのです。

おしくらまんじゅう。

……幼いころの記憶が蘇るような言葉ですよね。しかし、サロン・デュ・ショコラファンにとってこの感覚は、なんら懐かしいものではありません。「毎年の現実」です。

暑くて行列で通路がぎゅーぎゅーになっているのは、時間帯によってはデフォルトともいえる状態なので、薄めだけど、まぁあたたかい、というような、かさばらない上着を選んでください。マフラーなども、モコモコでないものを選びましょう。もう一度いいますが、会場は暑いです。

 

以上。

いかがでしたか?サロン・デュ・ショコラの往年のファンのみなさんの頷く様子が目に浮かぶようです笑

初心者のみなさん、今日の放送とあわせて、ぜひ参考にしてくださいね。

サロン・デュ・ショコラ日本公式サイト

ロケにて

余談:
なんとディレクターさんともうひとりのスタッフさんがおふたりとも「あゆみ」さんでした。ロケのメンバーが3人あゆみさんって、奇跡的じゃないですか?3人で感動。

text
チョコレートジャーナリスト  市川歩美

この記事を書いている人 - WRITER -
市川歩美
ショコラコーディネーター®/チョコレートジャーナリスト®
詳しいプロフィールはこちら

Copyright© Chocolate Journal , 2020 All Rights Reserved.