by Ayumi

サロン・デュ・ショコラ札幌のセミナー2020(ボナさんも一緒に)

この記事を書いている人 - WRITER -
市川歩美
ショコラコーディネーター®/チョコレートジャーナリスト®
詳しいプロフィールはこちら

サロン・デュ・ショコラ札幌会場で、BONNATのオーナーでありショコラティエ、ステファン・ボナさんと市川歩美、ふたりで「カカオとの出会い」をテーマにセミナー&トークイベントを行いました。

▲セミナー後に、フォトスポットで記念撮影

ステファン・ボナさんと市川歩美のセミナー&トークIN札幌

サロン・デュ・ショコラ札幌。
会場は札幌丸井今井の大通館9F。
魅力あふれるチョコレートが集まり、大勢の人で連日にぎわっていますが
毎年、人気をあつめているのが、セミナーです。

2020年サロン・デュ・ショコラ札幌のイベントラインナップ

すごいでしょう??

東京なら有料にちがいないセミナーも、こちらでは無料だったりします。うれしい・・・(感謝)
有料のセミナーもありますが、早々と完売しています。

これは札幌丸井今井さんの「SDCでチョコレートにみなさんに、親しんでほしい」という
心ある姿勢のあらわれです。
お客さまおもいのバイヤーさん、ご担当者さまが運営されているのを、私はよーく知っています。

私はこれで3年、セミナーをさせていただいていますが、
私も、心から、参加者のみなさんに、魅力的なチョコレートに出会って、しあわせになっていただきたい、
という思いで、札幌へ伺っています。

市川歩美の「カカオとの出会い」セミナー、チョコレートラインナップ

前半は、市川歩美がセレクトした3種類のチョコレートを
みんなで楽しく、テイスティング。

それから、ここは大事なところなんですけど

私のセミナーでは、私自身が、これは、
と思うチョコレートをセレクトしています。(ここ大事)

1ール・ショコラ・アラン・デュカス 「ガナッシュオリジン」のペルー

2ーダリケー「カカオが香る生チョコレート 初摘み」(プレーンと抹茶)詳細
インドネシアにあるダリケーさんの契約農家のカカオを使った、生チョコです。
京都の抹茶を使った「抹茶」、カカオの風味の個性を感じる「ナチュール」
両方いただきました。「スモーキーな感じがします」なんて、気づきが、会場から。

3ーマジドゥショコラ のモンドショコラ「台湾60%」
松室シェフによる、ビーントゥバーチョコレートです。
昨年のはじめに完成。台湾のバランスのよい風味のカカオを使用。
松室さんは台湾がお好きで、年に3〜4回訪れるそう。
さらには、作り手のみなさんとFBのメッセンジャーなどでやりとりしつつ、カカオ豆をダイレクトトレード。

※参加者のみなさん、たのしくて、とても豪華でしたね!
早々にお席の整理券が30枚なくなってしまったそうで、たくさんの立ち見だったみなさん、
こんどは立ち見の方にも何か、しあわせになれる内容、考えますね。

ボナさんのラインナップ

後半は、
ステファン・ボナさんとトーク。ボナさんの新作チョコレートや代表作をテイスティング。
ボナの歴史についても、お話しました。

ボナさんは
1884年から続く、Bonnat Chocolatierの歴史を、ファミリーの写真や
お店のあるヴォワザン(フランス)の風景、かつての店舗の写真など、
たくさんの画像を見せて、解説してくださいました。

1880年代のお話が次々と出てくるのは、ボナ、ならでは。
なかなか「私のひいおじいさんが」という話がでてくるショコラティエは、いません。

テイスティングは

エル・カスティジェロ(インディオ・マイス生物保護区に自制するカカオを使用)カカオ分75%
・カカオ・レアル・デル・ソコヌスコ(メキシコのチアパス州・ソコヌスコ地方のカカオを使用)カカオ分75%
・モレニータ(メキシコのタバスコ州産カカオのミルクチョコレート)カカオ分65%

加えて、ソコヌスコ地方でとれたカカオそのもの(ロースト前のもの)、それから
なんと特別にボナさんのチョコレートのお土産を、お持ち帰りいただきました。

※参加者のみなさん、楽しくて豪華でしたね〜
早々とお席の整理券がなくなってしまったそうで、たくさんの立ち見のみなさんもありがとうございました。
(こんどは立ち見の方もしあわせになっていただけるように、考えますね。)
たくさんの読者のみなさん、フォロワーさんと写真撮影したりお話できて
私もすごくハッピーでした。

そして札幌の記念写真!

ボナさんとのセミナーのあとは、ダニエーロ・ヴェストリさんに再会。
トップバリスタの横山千尋さんのカプチーノは相変わらず最高!

それから夜はサロン・デュ・ショコラCEOのジェラルド・パラシオさんとお食事。

サロン・デュ・ショコラパリの話、パリ、ジュネーブの話、近年の各国のチョコレートの傾向にはじまり、ジェラルドさんお勧めのスキーリゾートやスペインの街の話などまで、かなり盛り上がりまして、二次会までご一緒してたのしい夜に。

そしてまだ札幌。

そんなこんなで昨夜はすっかりご機嫌。
みなさんに「おやすみなさーい」とあいさつして、
明日、午後の便で東京へ、とぐっすり眠ったのですが、

まさか翌朝。

私がのって東京に帰るはずの飛行機が
雪のため欠航になるとは、
私は、夢にも思っていなかったのでした。

つづく。

(だから、まだ札幌)

 

この記事を書いている人 - WRITER -
市川歩美
ショコラコーディネーター®/チョコレートジャーナリスト®
詳しいプロフィールはこちら

Copyright© Chocolate Journal , 2020 All Rights Reserved.