BY AYUMI ICHIKAWA

ESSE2月号でチョコレートのお話をしています

この記事を書いている人 - WRITER -
ショコラコーディネーター®/チョコレートジャーナリスト®
詳しいプロフィールはこちら

こんにちは。チョコレートジャーナリスト、ショコラコーディネーターの市川歩美です。みなさん、お正月はいかがお過ごしですか?

私は、仕事をちょこちょこしながらもいつもよりものんびりすごし、たくさんのチョコレートとゆっくり過ごしていました。

今年もチョコレート、カカオにまつわる情報をじゃんじゃんお届けします。
チョコレートジャーナル読者のチョコレートラバーのみなさん、2020年もチョコレートファーストでまいりましょうね。

今年もよろしくお願いいたします!

チョコレートジャーナリストとしてESSE2020年2月号でコメント

すでにご覧になった方もいらっしゃるかと思いますが、現在発売中のESSE。こちらのトレンド情報を紹介するコーナーで、私・市川歩美がチョコレートのトレンドについてコメントしています。

13ページをご覧くださいね。

注目していただきたいのは、写真に写っているチョコレートの数々です。

私も大好きな「パンプストリート」のチョコレート、チョコ係さんの「ショコラタリアエクアドル」、カカオサンパカのボンボンショコラなどが写っています。

ここに気づいた方はチョコレートファンですね?かわいいヴィジュアル、かつ美味しいチョコレートです。

市川歩美コメントページ以降、カンタンおいしいレシピが満載だった

 

思いがけずうれしいこともありました。私は、この号のESSEのおかげで、結構おいしいお料理をたくさんつくって、しあわせになれたのです。

掲載レシピが、とてもカンタンでおいしい。

私にとって、ヘルシーな家庭料理は、仕事を続けるうえで必要不可欠なものです。プロフィールなどにも書いていますが、私は日本の家庭料理が大好きなのです。

年末年始に、結構この号を読みこんでしまい、もう、3品作りましたが、美味しかったです。次にためしたいのは、「鶏肉とアボカドのユズクリーミー鍋」と「鳥手羽元とブロッコリーのスープカレー」です。

おいしそう……。

掲載誌を手にしたご縁で、新しい情報を得られたり、その雑誌の魅力を再発見するのも素敵なこと。嬉しく思っています。

text チョコレートジャーナリスト  市川歩美

この記事を書いている人 - WRITER -
ショコラコーディネーター®/チョコレートジャーナリスト®
詳しいプロフィールはこちら

Copyright© The Chocolate Journal , 2020 All Rights Reserved.