by Ayumi(市川歩美)

岡田美術館チョコレートの新作がすばらしい!葛飾北斎の名画がショコラに

この記事を書いている人 - WRITER -
市川歩美
ショコラコーディネーター®/チョコレートジャーナリスト®
詳しいプロフィールはこちら

岡田美術館が、葛飾北斎の「冨嶽三十六景」をモチーフにした新作チョコレートを発表しました。2020年4月5日から箱根の岡田美術館ミュージアムで販売されますが、先駆けて、日本橋三越本店「スイーツコレクション」と、伊勢丹新宿店「スイーツコレクション2020」でもバレンタインシーズンに販売されます。

▲Okada Museum Chocolate 『波と富士』4801円(税込)

葛飾北斎の代表作「冨嶽三十六景」をショコラに

Okada Museum Chocolate(ブランドの正式名称は英語標記)は、箱根にある美術館のミュージアムショップで販売されているオリジナルチョコレートです。

ここのところ毎年、岡田美術館は、収蔵作品をモチーフにしたチョコレートを発表しています。ヴィジュアルもお味も一級品です。

今年は 4月5日から始まる展覧会にちなみ、葛飾北斎の「富嶽三十六景」から「神奈川沖浪裏」と「凱風快晴」(両方岡田美術館収蔵)がモチーフに。

葛飾北斎「神奈川沖浪裏」の波涛をダイナミックにざぶーん、と

上の段の写真がこちらです。
フレーバーも写真をチェックしてください。

2種の素材を組み合わせる(カットすると2層構造が多い)センスと技術。市川独自に「ミウラマジック」と呼んでいますが、斬新さと上品さを兼ね備えた表現です。

巨峰とチーズをあわせた「ブドウ×ゴルゴンゾーラチーズ」、胡桃とメープルシュガーをあわせた「胡桃×メープルシュガー」など。素材の高い風味と、2種がくみあわさることで現れる新たな風味、つまりマリアージュを体験できます。

葛飾北斎「凱風快晴」の赤富士をショコラに

朝日に染まる富士をモチーフにしているのは下の段です。

内容は写真右。
「え、これとこれが組み合わさるの?」と、次々、好奇心を掻き立てられます。

今回は「北斎ブルー」とも呼ばれる、北斎の愛したカラー、青が多用されています。
Okada Museum Chocolateで、青色が主役なのは、初。もちろんカラーは安全な材料を使っています。

岡田美術館×三浦直樹シェフ

=ヴィジュアルの点では、岡田美術館所蔵の世界的に有名な美術作品をモチーフにした、味の点では、ミウラマジックのショコラができる

海外に日本の文化を伝え、かつ美味、というスーパーなメイドインジャパンショコラが生まれる、ということです。

秋に、私が読売新聞で「和柄チョコ」を語った時にも、Okada Museum Chocolateを取り上げました。

読売新聞で「和柄チョコ」を市川歩美がご案内

岡田美術館

日本を伝えるクールなメイドインジャパンショコラに注目

読売新聞で一部をお話したとおり、近年特に増え、注目を集めているのが、日本文化を伝える、和柄のメイドインジャパンショコラ。

海外の方に日本の文化を美しく、美味しく伝える素晴らしいチョコレートは地方にもあります。今後も媒体で、またここ、Chocolate Journalで、お伝えします。

●Okada Museum Chocolate 『波と富士』
都内では
・日本橋三越本店「スイーツコレクション」2020年1月29日(水)〜2月14日(金)
・伊勢丹新宿店「スイーツコレクション2020」2020年2月5日(水)〜14日(金)
オンラインでは
・1月6日〜2月2日のみオンライン販売予定
手作りですので、数に限りがあります。

<追記>
「岡田美術館」の名前を、美術愛好家の方はもちろん、松本潤さんファンの方もよくご存知ですよね。
Okada Museum Chocolate(岡田美術館チョコレート)のマスターショコラティエの三浦直樹さんは、プロのショコラティエとしてはただ一人、ドラマ「失恋ショコラティエ」に関わり、監修をされた方で、主演の松本さんに直接チョコレート作りのご指導もされています。(私もドラマに、アドバイザーとして関わっています)

この記事を書いている人 - WRITER -
市川歩美
ショコラコーディネーター®/チョコレートジャーナリスト®
詳しいプロフィールはこちら

Copyright© Chocolate Journal , 2020 All Rights Reserved.