by Ayumi(市川歩美)

チョコミント、大好き?苦手?(東洋経済で執筆)

この記事を書いている人 - WRITER -
市川歩美
ショコラコーディネーター®/チョコレートジャーナリスト®
詳しいプロフィールはこちら

こんにちは。チョコレートジャーナリスト、ショコラコーディネーターの市川歩美です。東洋経済オンラインで、チョコミントについての記事を書きました。今回も、アクセス多数、ありがとうございます!!

記事はこちら。
チョコミント「苦手な人」が多いのに人気の理由
実は歴史的には大人受けする味だった

チョコミント

チョコミントのトレンドと現状は?

日本では近年、若い消費者が、次々と発売される「チョコミント」の新商品を、特に夏に楽しんでいます。味以外にも、フォトジェニックな要素、かわいいカラー、チョコミン党、というキャッチーな言葉が楽しい連帯感を生んでもいますね。

一方で、世界的には、ブームとは無関係に、安定的にチョコとミントの組み合わせが存在します。「チョコミント」といえば大人のもの、というイメージもあります。70年選手といった貫禄がある商品もあって、パッケージはかわいいどころか、大人っぽい。大人が嗜むチョコレートなのです。60代以上の方がメインカスタマーというロングセラーもあります。

日本人が「チョコミント」ときくと、ペパーミントグリーンとチョコレートカラーのコントラストを多くの方が、イメージするかもしれませんよね。(実際、日本語で「チョコミント」とキーワード検索すると、そういうイメージがずらり)

これについては、記事に書いたことですが、日本のチョコミントのイメージを作ったのは、サーティワンアイスクリームの「チョコミント」です。1974年4月、東京・目黒に上陸。(1945年米カリフォルニア州で生まれたアイスクリームチェーン「バスキン・ロビンス」のフレーバー「ミントチョコチップ」がそれ)

世界の歴史を辿ると日本とはやや趣が異なるチョコとミントの組み合わせ。日本は独自の「チョコミント」というカテゴリーと盛り上がりがあるといえます。

海外の空港にて、「アフターエイト」

記事を書いたあとですが、先日(2019年9月)ジュネーブ空港、シャルル・ド・ゴール空港でもアフターエイトがどーんと販売されていました!

アフターエイト

81ピース入り、大きなボックス。うーん、スケールが日本と違います。

「大人のチョコミント」は、日本の高級チョコレートブランドで安定的な人気です。「リンツ」では、日本であえて9月から「エクセレンスミント」(ミントチョコレートバー)を、あえて夏が終わった9月から本格販売。通年販売がスタートしました。

チョコミント、好き派、嫌い派、転向派

チョコミント。大ファンがいる反面、苦手、という人も多いですよね。

yahoo!ニュースも記事が掲載されましたが、700近くにも及ぶコメントからもよくわかります。

Yahoo!ニュースで掲載された記事はこちら

私はいつもチョコ界のパクチーだなぁ、などと思います。似てませんか?存在感。(私はちなみにチョコミントもパクチーもとても好き)

面白いケースもありました。

最近、私のお知り合いの男性は「苦手だ」と思い込んでいたそうですが、私の記事をきっかけにコンビニでチョコミントアイスを購入。すると驚いたことに「意外とイケました」、さらにそれ以来「はまってしまった・・・」とのご連絡も。

つまり「転身派」もいるのです。おもしろい。。子どものときに苦手だった方が、大人になって受け入れられる味の幅が広がった、というケースはありそうですね。

チョコミントは「夏チョコ」として定着もしました。これも日本のチョコレートのムーブメントとして面白い動きです。

大人のチョコミントもふくめた日本での「チョコミント」の展開、ジャーナリストとして引き続き、長ーい目で見守ります。

この記事を書いている人 - WRITER -
市川歩美
ショコラコーディネーター®/チョコレートジャーナリスト®
詳しいプロフィールはこちら

Copyright© Chocolate Journal , 2019 All Rights Reserved.