チョコレートジャーナル BY AYUMI ICHIKAWA

レア!「さくさくパンダ」全70種類の全表情を公開! それにしてもファンキー

2022/09/02
 
この記事を書いている人 - WRITER -
ショコラコーディネーター®/チョコレートジャーナリスト®
詳しいプロフィールはこちら

こんにちは。チョコレートジャーナリスト、ショコラコーディネーターの市川歩美です。

さくさくぱんだのことを先日書きました。すると「あゆみさん、一体あのあと、何が続くのですか」「続きを楽しみにしています」「気になってしょうがない」といった声が次々と届き、さくさくぱんだをすでに買いに行った、という方まで現れました。前編記事は以下↓

さくさくぱんだの表情がファンキーすぎてノックアウトされた件

それよりなにより「ぱんだの表情がこんなにおもしろいと思わなかったです」とのお声も。

今回はさくさくぱんだの、表情について、書きます。(ちなみに案件でもなんでもありません笑)

 

さくさくぱんだとは

 

再度、基本をまとめておきましょう。さくさくぱんだはカバヤ食品の人気チョコクッキーです。

パンダの顔のデザインがかわいくて人気。

1996年に発売され、今年26年目となるロングセラーです。カバヤ食品の岡山工場で、実はこのチョコクッキーを取材させていただいたところ、パンダの表情全70種を一度に拝見できました。感動!

そもそも私はパンダが好きなのです。

前職時代、南紀白浜「アドベンチャーワールド」へ、出版社の方やディレクター仲間ととともに出かけ、自分でも驚くほど飽きることなくパンダを眺めていたこともあります。ユーチューブでは「飼育員さんに甘えるパンダ動画」の数々が気に入っていて、仕事の休憩時間に眺めては、ゆるゆるしています。

 

さくさくぱんだの表情、全70種はこちら

 

前置きが少し長くなりましたが、それでは本題。さくさくぱんだの全表情はこちらです。

すごい、全さくさくぱんだたち!(市川歩美撮影)*取材で特別に撮影しています

 

今回、特別に岡山工場で拝見したものですが、私だけ面白さを独り占めするのはもったいない、と、特別にカバヤ食品さんから許可を得て、チョコレートジャーナルに掲載しています。

パンダの顔は、ミルクチョコレートとホワイトチョコレートを使って作られています。表情は実にさまざま。ちょっとワルっぽいパンダ、いたずらなパンダ、てんてこまいなパンダ、複雑な心境らしきパンダもいて、サングラスをしたキメ顔に見えたりするのは、私だけでしょうか。ベリーナイスパンダ!

ぜひ、写真をアップにしてみてください。つくづくファンキー。さくさくぱんだへの好感度が、この取材で格段にアップしました。

商品企画・研究をされているカバヤ食品の森山さん、秋田さんにお話を伺い、ぱんだの顔がどう組み立てられているか、チョコへのこだわりも拝見しました(これはまた次回)。興味はつきません。

 

さらなるさくさくぱんだのひみつがあった

70の表情をしたパンダ。しばし目が離せないほどツボでした。これだけで十分な発見でしたが、その後私はさらに大きなヒミツを知ることとなったのです。

前回の記事につづく……、と書いたので、本当は今回書こうと思いましたが、やっぱり今日は表情の話だけにしてさらにつづく……。

ひっぱりますね〜

いや、自分でも「さくさくぱんだ」についてチョコレートジャーナルにこんなに書く予定じゃなかったんですけどね。念のためですが、カバヤ食品さんに頼まれたわけでもなんでもなく、私が面白いから書いています笑。

知ったら、きっと気になってしょうがなくなる「さくさくぱんだのヒミツ」、次回につづきます。

さくさくぱんだ

text & photo チョコレートジャーナリスト 市川歩美

さくさくぱんだの表情がファンキーすぎてノックアウトされた件

この記事を書いている人 - WRITER -
ショコラコーディネーター®/チョコレートジャーナリスト®
詳しいプロフィールはこちら

Copyright© The Chocolate Journal , 2022 All Rights Reserved.