by Ayumi(市川歩美)

メキシコのチョコレートソース「モレ」とは?

この記事を書いている人 - WRITER -
市川歩美
ショコラコーディネーター®/チョコレートジャーナリスト®
詳しいプロフィールはこちら

こんにちは。チョコレートジャーナリスト、ショコラコーディネーターの市川歩美です。

この記事では、メキシコのチョコレートを使った料理ソース「モレ」について、詳しく知りたい方のための記事を紹介します。私自身がメキシコを取材・体験して書いています。

クリック↓

チョコレートソース「モレ」って?現地メキシコで体験
(All About text 市川歩美)

メキシコのモレソースとは?

まず、モレ、ってなんでしょうかという人のために。

現地表記は「Mole」です。
メキシコで「モレ」はソースの総称。
日本では「モレ」あるいは「モーレ」とも表記されます。

日本ではとかく

「モレ=チョコやスパイスを使ったメキシコの料理ソース」
として話題になりますが、
モレ=ソース。
メキシコにはチョコを使わない「モレ」が、チョコを使うもの以上にあることを
お知らせしておきますね。

では、メキシコのどこで食べられているかというと、
モレといえば、という感じの、2つの有名な地域があります。

  • 1 プエブラ州
    日本のメキシコ料理店には「Mole poblano (モレ・ポプラーノ)」というメニューがよく見つかりますが、これはチキンにチョコレート入りのソースをかけたお料理。メキシコのプエブラ州に由来します。
  • 2 オアハカ州
    7種の代表的なモレがある、モレといえばオアハカ、というほど有名な州です。私はこの州で体験しました!詳細は私の記事へ。

モレ・コロラディート(赤のモレ)の中身は?

それでは、実際、モレってどんなふうに作られるの??

ということなのですが
その実践のために、これはもう行って体験するしかないね、となりまして、
私自身がメキシコのオアハカへいき、レッスンを受けてきたので、
そのことについて、書きます。

先生は、現地の有名なお料理のプロフェッショナル「ノラ先生」です。
レッスン内容は「モレ・コロラディート(赤のモレ)」でした。

ちなみに、ううううう、、、思いだしただけでもう一度食べたい、、、
とてつもなく美味しかったです。

レッスンは
写真のように、ノラ先生と、市場へ食材をお買い物しにいくところから始まりました。

実際に、ちかくのメルカド(市場)でお買い物。

買い集めてみて、そしてキッチンで広げるとリアルにびっくりします。
ええっ、こんなにもたくさんのものが入っているの????

上の写真の全部が、ソース(モレ)に入ってます。

内容:トマト、バナナ、チレ(地元の唐辛子)4種類、ゴマ、オニオン、ガーリック、クルミ、アーモンド、干しぶどう、プルーン、スパイス(オレガノ、タイムなど)、パン、そして、地元のカカオで作られたチョコレート

多い!

しかもなんかすごくヘルシー。

モレはメキシコのあたりまえのものを使ったソース

日本目線だと「変わったものばっかり」という印象かもしれませんが
メキシコでは、ごく当たり前に売られている、ふつうの素材ばかりです。
しかもメルカド(市場)で買う食材は、リーズナブルプライス。

そこで実感したのは
モレは、メキシコでは身近な食材を、すべて炙るなどの下ごしらえをして、
最終的にぜんぶすりつぶしたものをまぜて作るソースだということ。
これ、イメージしておいてください。

昔は、自宅にあるメタテとマノ(カカオに詳しい方はご存知ですね、メキシコのカカオをすりつぶす道具です)
を使っていましたが、今はフードプロセッサーやミキサーを使うことが多いそうです。

上の写真でも左上で別器にはいっているように、チョコはもうチョコでできあがっています。
カカオからその場でチョコを作ってくれる店がオアハカのあちこちにあるので
※市川によるこのメキシコ記事参照 https://allabout.co.jp/gm/gc/476718/
各家庭は、チョコ普通に割って瓶に入れたりして、キッチンにストックしています。

もういちど記事を紹介。

チョコレートソース「モレ」って?現地メキシコで体験

モレは、きちんと丁寧に作ると、とても美味しいです。
チョコレート、ナッツ、スパイス、メキシコならではのあらゆる種類のチレ(唐辛子)
風味が複雑にからまりあいます。

また、オアハカのレストランで食べたモレ、どれも素晴らしかったんですよね、
カレーみたいに日本で市民権を得てもいいかも。(カレーのような辛さがないからちょっと地味かな)
文化、歴史は、当然ですがその地のもの。やはり現地で実感できるものです。

私と同じモレ体験、メキシコ食文化体験したい方へINFO

そしてそして。

私のように現地のお料理レッスンをノラ先生から受けたい方は
(ちょっとオアハカ行き、ハードル高いでしょうかね?笑)
私もコーディネートをお願いしたオアハカ在住のガイド、佐藤さんが
親切にヘルプしてくれますので、みなさんにもシェアします。

レストラン以上の美味しさに、私は驚いたうえに
レッスン場所の、先生のご自宅が美しく、メキシコの文化を肌で感じられます。
英語ができればパーフェクト。通訳さんもお願いできます。
(チョコのジャーナリストの市川歩美さんと同じレッスン、と書いてくださって問題なしです)
メール:mexkanmx@mexicokanko.com.mx(メキシコ観光)

ノラ先生のご自宅は高級リゾートホテルのよう

オアハカ伝統の刺繍のエプロン!

この記事を書いている人 - WRITER -
市川歩美
ショコラコーディネーター®/チョコレートジャーナリスト®
詳しいプロフィールはこちら

Copyright© Chocolate Journal , 2019 All Rights Reserved.