by Ayumi(市川歩美)

ダンデライオン・チョコレートの新作「コスタリカ85%」

この記事を書いている人 - WRITER -
市川歩美
ショコラコーディネーター®/チョコレートジャーナリスト®
詳しいプロフィールはこちら

ダンデライオン・チョコレートが、コスタリカ産カカオのチョコレートバー発売にあわせて、コスタリカ産カカオを知るためのセミナーを開催しました。

ダンデライオン・チョコレート「ハシエンダ・アズール, コスタリカ 85%」

こんにちは。チョコレートジャーナリスト、ショコラコーディネーターの市川歩美です。

ダンデライオン・チョコレート。常に新しいカカオから美味しいチョコレートを作るための探求を欠かさず、洗練されたプレゼンテーションが素晴らしい。

私は定期的に、蔵前のショップに伺うことにしています。

先日私が伺ったのは、コスタリカ産カカオのチョコレートバー発売を記念したセミナーです。カカオ、チョコレートに興味のある方々が集まりました。

新作チョコレートはこちら。

ダンデライオン・チョコレート「ハシエンダ・アズール, コスタリカ 85%」

コスタリカはどんな国か

チョコレートテイスティングにとどまらず、コスタリカからカカオをインポートする「ロメロトレード」代表のロメロ・アンタルキさん(コスタリカ育ち)に、コスタリカについてご説明いただきました。

私が印象に残った点は(ロメロさん談)

  • 九州と四国をあわせたくらいの広さ(51100平方メートル)
    人口476万人。標高1200メートル。サンホセが首都。
  • 国民の幸福度が世界一高い(世界幸福度ランキングで1位になったことがある)
  • 安全な中米(国旗の白は平和を意味する。1949年から内戦をきっかけに軍隊のない国になった。中米のスイスといわれる)
  • おもてなしの心(とても明るくやさしい国民性だそうです)
  • 動植物の多様性(なまけものがいることで有名。鳥の種が多い。ケツァルもいる)
  • 火山が100以上ある。小さい国なのに。故に温泉もある。
  • 自然エネルギー先進国である(国の98%が再生可能エネルギーを利用。
    2021年までにはプラスチックフリーを目指している)

さらに、この国には、CATIE(カティエ)とよばれる熱帯農業研究高等教育センターがコあり、カカオの1200以上の品種バンクがあるという。

カカオ生産者の意識が高く、ロメロさんいわく「どんなに小さい生産者も、品種をわけていて「もっとこうすればいい栽培ができるんだ」と同じ前向きな話をする」と。

ちょっとちょっと。
もう、心がコスタリカじゃないですか。

「ハシエンダ・アズール, コスタリカ 85%」について

ダンデライオン・チョコレートは、コスタリカ産カカオの品質と個性に注目し、単一農園のみで作られたカカオを調達。チョコレートバーを作っています。

詳細はこちら

農園は「ハシエンダ・アズール」という単一農園。

コスタリカにある活火山「トゥリアルバ」近くの、この農園で作られたカカオのみを選んで、カカオ豆からチョコレートを作っています。もちろん蔵前で。

私は85%ならではの強いカカオ感、(ダンデライオンのテイスティングコメントにもあるとおりですが)わかりやすくコーヒーのような苦味から、最後にグレープフルーツの白い果皮のような余韻が残るのが、好みです。

カカオ使ったケータリングのお料理をご用意くださり、デザートもセンスが良くて美味。

空間も含め、トータルのセンスが群を抜いて高いのが、ダンデライオン・チョコレートです。統一感があってソフィスティケートされていて、心地よいです。私はいつも。

あとはカカオの産地とのダイレクトな関わりをシェアしてくださるご活動も素晴らしい。

今回もチョコレートバーを通じて、カカオの故郷・コスタリカへ意識を向けることができました。

この記事を書いている人 - WRITER -
市川歩美
ショコラコーディネーター®/チョコレートジャーナリスト®
詳しいプロフィールはこちら

Copyright© Chocolate Journal , 2019 All Rights Reserved.