by Ayumi

ラ・メゾン・デュ・ショコラ2019年のクリスマス

この記事を書いている人 - WRITER -
市川歩美
ショコラコーディネーター®/チョコレートジャーナリスト®
詳しいプロフィールはこちら

こんにちは。チョコレートジャーナリスト、ショコラコーディネーターの市川歩美です。

先日青山で、ラ・メゾン・デュ・ショコラのクリスマスコレクションが発表されましたので、みなさんにご紹介します。

ラ・メゾン・デュ・ショコラ2019年クリスマスコレクション

ラ・メゾン・デュ・ショコラの2019年のクリスマス。クリスマスコレクションの名称は「セクルクポレール」です。

ピンクからパープルにグラデーションする美しいパッケージが新しくて、モダン。

北極圏にしろくまがいる、このデザインを担当したのは、フランス人デザイナーのBORIS・ZAION(ボリス・ザイオン)さんです。動物を色々とデザインしてイラストを描く方で、今回メゾンが掲げたテーマに近かったため、ザイオンさんにメゾンが依頼したそうです。

4種類のボックスがありますが、定番の人気ボンボン・ドゥ・ショコラに加え、クリスマス限定のシロクマがプリントされた、限定の新作、マダガスカル67%のプレーンダークガナッシュがあります。黄色いフルーツのようなフルーティさ、カカオ感が感じられる一粒です。

セットされている定番は、サルバドール、アンダルシア、リゴレット・レなど。ラ・メゾン・デュ・ショコラの代表作の数々です。

いつも思うことですが、メゾンのプレーンなミルクガナッシュ、美味しいですよねー。ぶれない美味しさです。昔から私は、メゾンのミルク系ガナッシュが好き。「リゴレット・レ」は昔から変わらず好きです。

▲タブレット ボックス「セルクル ポレール」4600円(税別)

こちらは、正方形にカットしたタブレット(今年の新作です)を並べています。これまでにないスタイル。

「クマが流氷の上で、キラキラした雪の結晶が降るのを眺めているデザイン」だそう!

毎年、メゾンのクリスマス・バレンタインの発表会に伺いますが、近年特にデザイナーとのコラボレーションをはじめ、プレゼンテーション面においても、時代にあわせた変化(進化)を感じます。

ラ・メゾン・デュ・ショコラ2019年アドベントカレンダー

▲「ショコラ カレンダー 2019」9000円(税別)

そしてこれです。毎年楽しみにしている方が多いんですよね〜、ラ・メゾン・デュ・ショコラアドベントカレンダー。今年は初のこのカラー。

ところでアドベントカレンダーってなに?

ところで。そもそも、アドベントカレンダー、というものがなんなのか、ご存知ない方のために解説しておきますね。

Advent calendar(アドベントカレンダー)=クリスマスまでの日数を数えるカレンダー

それをアレンジして、チョコレート入りの扉をつけたカレンダーが、チョコレートブランドには、11月くらいから並び始めます。

気分としては、「12月1日からイブまでの24日間、毎日小さな扉をあけて、中に入っているショコラを楽しみながら、クリスマスを迎えましょう!」という感じ。1日一つの扉をあけて、チョコを一つずつ楽しみながらクリスマスを待つわけです。

しかし私の場合。

よく親しい人にはカミングアウトしますが、私はアドベントカレンダーを規則正しく食べていけた経験が皆無です。

毎年のように

1日スキップしてしまったために翌日2扉開けることになったり、3扉開けることになったり、別日の窓を少し開けて様子をみたり、と安定しません(笑)。

私の場合は、チョコレートを仕事にしており、日々チョコをアドベントカレンダーに限らず食べているから、という理由もあると思いますが。

みなさんは、一体全体、規則正しく1日ずつ扉をあけて、食べられてるんでしょうか。イベントなどで私に会ったら、ぜひみなさんの経験、進捗状況を教えてくださいね。

ラ・メゾン・デュ・ショコラの今年のクリスマスケーキ(ビュッシュ ドゥ ノエル)や、アートピースについては、クリスマス気分が高まった頃に。販売は11月中旬頃です。

ラ・メゾン・デュ・ショコラ

ニコラ・クロワゾーシェフが、私との写真をインスタグムのストーリーにあげてくださっていました。光栄!

この記事を書いている人 - WRITER -
市川歩美
ショコラコーディネーター®/チョコレートジャーナリスト®
詳しいプロフィールはこちら

Copyright© Chocolate Journal , 2019 All Rights Reserved.