by Ayumi(市川歩美)

フレデリック・カッセルが新作を発表(2019年)

この記事を書いている人 - WRITER -
市川歩美
ショコラコーディネーター®/チョコレートジャーナリスト®
詳しいプロフィールはこちら

来日中のフレデリック・カッセルシェフにお目にかかり、2019年クリスマスと2020年バレンタインの新作を拝見しました。

2020年バレンタインに向けたボンボン・ショコラ

こんにちは。チョコレートジャーナリスト、ショコラコーディネーターの市川歩美です。

フレデリック・カッセルは、今年ブランドができて25周年の節目を迎えました。

「原点である、パティシエのアイデンティティを見つめ直し、25年の歴史を振り返る」

とのことで「ご自身のケーキをボンボンショコラで表現する」商品を発表しました。

「パティシエ・ショコラティエ」という言葉がよくフランスで使われます。文字通りパティシエであり、ショコラティエである、という方のこと。(フレデリック・カッセルさんもそう)

お菓子チョコレートも作れる「パティシエ・ショコラティエ」は、再構築、という言葉が使われることもありますが、同じコンセプトを、ケーキで、ショコラで、(さらには別のスタイルでも)表現することが可能です。

お馴染みのフレデリック・カッセルのケーキがボンボンに。

  • ジヴァラ(ミルクチョコレートの定番ケーキ)をベースに、バニラのガナッシュとミルクチョコガナッシュを合わせたショコラ
  • ルーション(アプリコット風味のケーキ)をベースにアプリコットのダークガナッシュとアーモンドサブレを重ねて
  • タルト・シトロン(おなじみのレモンの酸味がきいたサブレのケーキ)をレモンのホワイトチョコガナッシュとサブレを重ねて

  • 「シュシュ」新作ケーキです。
    フランス語で「お気に入り」の意味。いちごをベースにミントが香るケーキ。ボンボンもホワイトチョコを使い、フレッシュミントが香るいちごのガナッシュ。(美味しかったです!)

2020年サロン・デュ・ショコラ限定アイテム

私が特に気に入ったのはこちら。

「ミルフィユ・パルフェ・グラッセ」。サロン・デュ・ショコラ限定アイテムです。756円(税込)。

フレデリック・カッセルのスペシャリテ、ミルフィーユが冷たいアイス仕立てになってます。サクサクのバターリッチなミルフィーユ生地がふんわりとしたパルフェ(空気がはいっているふわふわのアイスといったイメージ)にぴったり。あまりにもおいしくて手で持ってパクっといっちゃいました。

それにしても「もう、サロン・デュ・ショコラ?」って感じですか?

まだでしょー、という感じかもしれませんがいやいや、油断できません。気がつくとあら、もう1月、となっているのが毎年恒例なのは’私だけではないはず!

「25周年なんですね!」とカッセルさんにいうと、「僕がじゃないよ?」と即反応(笑)

カッセルさんは、明るくて楽しい方です。家族思いで、スタッフ思いで、優しい印象しかありません。毎年お会いするのが楽しみなのは、いつも笑顔になれるからです。

この記事を書いている人 - WRITER -
市川歩美
ショコラコーディネーター®/チョコレートジャーナリスト®
詳しいプロフィールはこちら

Copyright© Chocolate Journal , 2019 All Rights Reserved.