by Ayumi(市川歩美)

ショップチャンネルで人気の「カファレル」とは?

この記事を書いている人 - WRITER -
市川歩美
ショコラコーディネーター®/チョコレートジャーナリスト®
詳しいプロフィールはこちら

ショップチャンネルで大人気のチョコレート「カファレル」について、番組ゲストとして出演しております、私、市川歩美が解説します。

カファレルとはどんなブランド?

こんにちは。チョコレートジャーナリスト、ショコラコーディネーターの市川歩美です。

ショップチャンネルユーザーさんにはお馴染みですね。いつもありがとうございます。私はショップチャンネルの生放送に定期的に出演、イタリアのチョコレートブランド「カファレル」のチョコレートをご紹介しています。

番組内では、いつもお話していますが、基本を、おさらいしましょう。

Caffarel(カファレル)は、イタリアのチョコレートブランドです。

カファレル

創業は1826年。場所は、イタリア北部のピエモンテ州、トリノ。この地で、カカオ豆からチョコレートを作りはじめたのが、ピーター・ポール・カファレル。

190年以上前のトリノ、まだ産業がほとんどなかった時代に生まれたチョコレート工場です。

詳細は、カファレルの日本の公式サイトの「カファレルについて」をご覧ください。本国のサイトは「Caffarel」へ

日本には1994年に上陸。直営店は2019年10月現在、3店舗。神戸に2店舗、東京(グランスタ)に1店舗あります。基本的に日本国内ではセールを一切行うことのないブランドです。

カファレルは「ジャンゥーヤ」を作ったブランド

カファレルには、大きな功績があります。

それは、今やイタリア・トリノの名物チョコレートとなっている「ジャンドゥーヤ」を初めて作ったブランドであること。

カカオ豆が不足した時代に、地元のピエモンテ州でとれる、ヘーゼルナッツをペーストにしてカカオの代わりに混ぜました。すると、出来上がったチョコレートが、とても美味しかったのです。

パッケージは、イタリアの歌劇に出てくるキャラクター「ジャンドゥーヤ」の帽子を模した、舟形。なめらかな口どけ。みるみるうちに、このチョコレートの美味しさは広く話題となりました。

▲下の三角の金色の包みがジャンドゥーヤ

ローストした地元、ピエモンテ産の美味しいヘーゼルナッツのペーストとチョコレートがミックス、なめらかな味わいと濃厚な風味。私も大好きですが、世界中にファンがいる美味しさです。

トリノの中心地に、カファレルのショップがありますが、もちろん代表作の「ジャンドゥーヤ」がずらり。

上の写真は、私が2019年の秋に、トリノにある「カファレル」の直営店で撮影したものです。カラフルなラッピングのジャンドゥーヤがきれい。

ちなみに、金色はミルクチョコレートのジャンドゥーヤ、銀色はビターチョコレートのジャンドゥーヤです。オレンジ色は、オレンジ風味、黒はコーヒー風味など、フレーバーも色々です。

https://www.instagram.com/p/BpZ8ZmBH6uG/?utm_source=ig_embed

2018年に私がトリノの「カファレル」を取材したとき、私がブログに書いた記事はこちら。

トリノの名物チョコレート「ジャンドゥーヤ」について

今では、ジャンドゥーヤは、トリノのお土産の定番です。

カファレルが日本ではショップチャンネルで大人気

日本の直営店では、一切セールをしないブランドですが、ショップチャンネルで、1年に私の知る限り2日だけ(※秋と冬に各1日)、とてもお得な、限定のチョコレートボックスが販売されます。

送料無料で、かなりの割引率なので、ファンの方は、その2日を待っていて購入されます。

チョコレートのお味や、デザインのファンが方がそもそも多いこともあり、びっくりするほどの人気です。

毎回ショップチャンネル限定のおしゃれな缶入り。代表商品のジャンドゥーヤをはじめ、ピエモンテ、てんとう虫やハートのミルクチョコレートなどがバランスよくセットされています。

私はこのチョコレートボックスの大ファンなので、ファンを代表する気持ちで生放送で解説しています。

カファレル初心者の方にも、まずはリーズナブルに購入でき、バランスよく代表作や人気作が詰め合わされたこのチョコレートボックスがおすすめ。(次回は2020年1月に販売があるようです)

私は、神戸北野本店の取材、イタリアトリノの「カファレル」現地取材も定期的に行っていますので、これからは随時、ここ、Chocolate Journalで情報を書きます。

この記事を書いている人 - WRITER -
市川歩美
ショコラコーディネーター®/チョコレートジャーナリスト®
詳しいプロフィールはこちら

Copyright© Chocolate Journal , 2019 All Rights Reserved.