by Ayumi(市川歩美)

ジャンドゥーヤとは?(トリノの名物チョコレート)

この記事を書いている人 - WRITER -
市川歩美
ショコラコーディネーター®/チョコレートジャーナリスト®
詳しいプロフィールはこちら

こんにちは。チョコレートジャーナリスト、ショコラコーディネーターの市川歩美です。

さっきまでイタリアにいて、次はベルギーです。トランジットの時間を使って、しばらく滞在していたトリノを振り返りつつ、ジャンドゥーヤのことを書きます。

ジャンドゥーヤとは

ジャンドゥーヤはイタリア北部のピエモンテ州、トリノのチョコレートです。トリノのチョコ、といえば「ジャンドゥーヤ」。私がトリノを好きな理由のひとつは「ジャンドゥーヤ」が息づく街だからです。

ジャンドゥーヤを日本で食べてみたい方は、まず「カファレル」がおすすめです。

カファレルはイタリア、ピエモンテ州、トリノで1826年に創業。1865年に初めてトリノでジャンドゥーヤを作った老舗チョコレートブランドです。

ジャンドゥーヤは日本人の味覚にあうので、日本にも大勢のファンがいます。ミルクチョコレートとヘーゼルナッツの風味が調和し、世界中にファンがいるチョコレートです。

特徴はキラキラの金色(金色でないこともあります)の包み。

ボートのような(実はルーツは帽子)形、それからピエモンテ産、つまり地元自慢の美味しいヘーゼルナッツのペーストを、チョコレートに混ぜて形作っていることです。

トリノの街を歩いていると、ジャンドゥーヤが街のあちこちで売られています。お土産にも大人気!

ジャンドゥーヤ トリノ

カファレルのような王道、老舗ブランドのほかにも、新しいブランドもいろいろ。町で、たくさん見つかります。

lacabossa

たとえば、今回ふらりと入ったこのショップ。

若いチョコレート職人が、カカオ豆からチョコレートを作り、ヘーゼルナッツからペーストを作っていました。このお店のヘーゼルナッツペーストがとても美味しかったので購入。

大手なら、Venchi(1878年創業)のジャンドゥーヤも有名です。直営店がいくつかあり、トリノ空港でも買えます。今回もあれこれ購入。私が一番好きなのは深緑色の包みのヘーゼルナッツの含有量が多いもの、です。

空港には「グイド・コビーノ」のショップがあります。日本でバレンタインシーズンに販売されますから、チョコレートファンによく知られていますね。

 

カファレルの工場を訪問しました!

 

2年前にも伺いましたが、今回もカファレル社を訪問。見学させていただきました。シェフともご挨拶。

市川歩美 カファレル

レアな写真?(テレビ番組で使われた写真です)

シェフのアイディアで、2人でビッグなジャンドゥーヤを齧ったりと、カファレル本社で楽しい撮影。大きいのは、もちろんレプリカです笑

1865年から、今まで、トリノにはジャンドゥーヤが息づいています。日本の江戸時代に生まれたチョコレートです。歴史の長さが、違います。

息が長いものは素材がよく、シンプルなものが多いのではないでしょうか。ジャンドゥーヤもそのひとつ。意外とうけようと狙って作ったものでは、ないのかもしれません。

text チョコレートジャーナリスト  市川歩美

 

この記事を書いている人 - WRITER -
市川歩美
ショコラコーディネーター®/チョコレートジャーナリスト®
詳しいプロフィールはこちら

Copyright© Chocolate Journal , 2018 All Rights Reserved.