by Ayumi(市川歩美)

グランプラス(ベルギー)取材にてーキラリと光るショコラについて雑感

この記事を書いている人 - WRITER -
市川歩美
ショコラコーディネーター®/チョコレートジャーナリスト®
詳しいプロフィールはこちら

こんにちは。チョコレートジャーナリスト、ショコラコーディネーターの市川歩美です。

<2018年10月にベルギー・ブリュッセル、アントワープ取材中に書いた手記の転載です>

ベルギー・ブリュッセル取材にて

チョコレートラバーのみなさん、お元気ですか?

SNSでは書いているとおり、私はしばらくヨーロッパ各地をめぐっていて、今はブリュッセルにいます。

グランプラスが好きなので、グランプラスのすぐそばのホテルにステイしています。以前、25ansで書いたこともありますが、夜遅くまでライトアップされる広場が美しいんですよ。ついさっきまで、ひとりでしばらく散策していました。

IMG_9340

さっき撮影した写真です。

グランプラスでは「ブリュイエール」「ゴディバ」「ドゥバイヨル」の新店舗を見てから、妙にカフェラテが飲みたくなってスターバックスへ。

ご存知でしょうか、グランプラスにはスターバックスがあります。

景観が守られていますので、お店の表示は緑と赤のストライプ。世界中どこにもないスターバックスのデザインです。

IMG_9734
Ayumiと名乗ったのにAomiと書かれてる気がする・・・

スターバックスのすぐ近くにあるのですが、今回のブリュッセル取材の目的のひとつはドゥバイヨルです。2018年10月26日、ドゥバイヨルのフラッグシップショップがグランプラスにオープンしました。

素晴らしい。グランプラスにですよ??(ブリュッセルに詳しい方、わかりますよね、すごさ)

近々ブリュッセルへ行くご予定の方、ドゥバイヨルへ立ち寄ってください。カフェスペースが充実していて、緑茶などもいただけます。場所はグランプラスの市庁舎の向かいくらい。大きな丸いライトが目印です。

(追記)
ドゥバイヨル のグランプラス店については

市川歩美執筆、以下の記事を参考にしてください。↓

ドゥバイヨルがグランプラスに旗艦店をオープン

(All About)

ドゥバイヨル グランプラス

キラリと光るものを見つける、そして伝える

ところで。

私は例年、この季節は、サロン・デュ・ショコラ パリの前夜祭からヨーロッパへ出かけ続けていましたが、近年、フランス以外の国、またカカオ産地にも、また、見本市以上に実店舗目が向くため、今年はパリには少し立ち寄る程度です。

チョコレートは世界中、あらゆる場所に息づいています。私はアピールする声が大きくても小さくても、私がお伝えしたいことをみなさんにお伝えしたい。そう思っています。

作り手の意思が行き届いた、きらりと光るショコラは、しばしば大げさなアピールをしていません。耳を澄まさないと聞こえてこないし、味を感じようとしなくてはわからない。

光るショコラは、私がニュートラルで、心静かでなければ見つかりません。

同じレシピでも作る人や、材料、作る人の思いが変われば、意外とすぐにそれは現れ、別格と言い切れるほど異なるものになる。そういうことをキャッチできる自分でいたいと思っています。

今は「おいしいものを作りたい」と願う人が、思いを入れて作る繊細なショコラとの出会いが、ことのほか貴重に感じられます。出会うとじーんとうれしく、余韻が長いですよ。私はいつまでもこのショコラがそのままであってほしい、進化しても、軸は変わらないでほしいと願うのです。

ブリュッセルは深夜です。日本はもう朝ですね、みなさん、今日も良い1日を。私は明日からの日々にそなえて、今日は早寝することにします。また書きますね。おやすみなさい。

この記事を書いている人 - WRITER -
市川歩美
ショコラコーディネーター®/チョコレートジャーナリスト®
詳しいプロフィールはこちら

Copyright© Chocolate Journal , 2019 All Rights Reserved.