チョコレートジャーナル BY AYUMI ICHIKAWA

ヴァローナが初のヴィーガン対応商品「アマティカ46%」を使ったプロ向けのデモンストレーションを開催

2022/07/17
 
この記事を書いている人 - WRITER -
ショコラコーディネーター®/チョコレートジャーナリスト®
詳しいプロフィールはこちら

【The Chocolate Journal チョコレートニュース】

チョコレートジャーナリスト、ショコラコーディネーターの市川歩美です。

フランスのチョコレートブランド、ヴァローナ(仏)が、7月14日、都内でヴィーガンチョコレートである新製品「アマティカ 46%」を使ったプロ向けの講習会やデモンストレーションを行ないました。

また、ヴァローナが取り扱うブランド「SOSA(ソーサ)」や「Norohy(ノホイ)」についても発表しました。

持続可能なスイート・ガストロノミーのためのソリューション

 

デモンストレーションの講師は、エコール・ヴァローナ 東京のエグゼクティブ・シェフ、Fabrice DAVID (ファブリス・ダヴィドゥ)さん。

ファブリスさんは、ルレ・デセールの名店「ヤニック・ラヴ」のシェフ・パティシエを経て、2001年よりヴァローナへ。 2007年、エコール・ヴァローナ 東京を創設し、ディレクターとして、日本はもとより、アジア、 ヨーロッパから年間1,500名以上のプロフェッショナルを迎え、技術を伝えています。

 

植物由来のチョコレートの利点

 

ファブリスさんによると、植物由来の製菓はヘルシー、というイメージがありますが、それだけでなく、乳製品や卵を使わないことによる、新たな美味しさを生みます。

卵やクリームを使うことなく、デンプン、タピオカ粉、豆乳を使って口どけをよくし、例えば、費用対効果まで考慮されたチョコレートムースを作ることも可能。

「植物がもたらす新たな鼓動ーカカオの木陰でー」 と題した2022年最新のデモンストレーション

ヴァローナ初のヴィーガンチョコレート「アマティカ46%」

 

初のヴィーガン・チョコレート「アマティカ46%」を使ったプロ向けのデモンストレーションの開催には、世界的に注目されているヴィーガン、プラントベースのパティスリーを、広く日本に提案するという意図があります。

ヘルシー志向にとどまらない、 新たな植物由来の製菓の魅力。デモンストレーションへの関心は高く、これまでの開催も含め、全国で200人を超える参加者が集まりました。

ヴァローナが初のヴィーガンチョコレート「アマティカ46%」を発売

ソーサ、ノホイの取り扱いも

ヴァローナ ジャパンは、環境やサステナビリティに配慮したスペイン・カタルーニャ発のプロ向け製菓用材料「SOSA(ソーサ)」や、マダガスカル産のプレミアムバニラビーンズ「Norohy(ノホイ)」の取り扱いを始めています。

急速に進化し続ける現代の消費社会、そして食生活の意識の変化に伴い、ヴァローナは、製菓の在り方を改めて見直し、進化させています。

チョコレートの開発にとどまらず、レシピ開発を重ねてきたエコール・ヴァローナが、日本のスイート・ガストロノミーへの着想源になっていきます。

ヴァローナ ジャポン

text
チョコレートジャーナリスト  市川歩美

 

この記事を書いている人 - WRITER -
ショコラコーディネーター®/チョコレートジャーナリスト®
詳しいプロフィールはこちら

Copyright© The Chocolate Journal , 2022 All Rights Reserved.