チョコレートジャーナル BY AYUMI ICHIKAWA

Voicyの差し入れはアプリからでなくWEBからすべき理由

2022/05/27
 
この記事を書いている人 - WRITER -
ショコラコーディネーター®/チョコレートジャーナリスト®
詳しいプロフィールはこちら

こんにちは。チョコレートジャーナリスト、ショコラコーディネーターの市川歩美です。

Voicyさん(音声プラットフォーム)からお声がけをきっかけに、ちょこっとお仕事が落ち着いた5月からチャンネルをはじめました。早速3つ、番組をアップしたので、よろしければ、お聞きくださいね。

5月1日に録音、アップしたばかりですが、早速パーソナリティを応援する「差し入れ」をいただいて、初めて気づいたことがあるので、今後、Voicyでパーソナリティを応援したい人のために、まとめます。

 

Voicyの差し入れとは

 

まず、Voicyの「差し入れ」とは、パーソナリティのファンで、自分のお金を使って、パーソナリティを応援したい、という方のための機能です。

パーソナリティに「今後の活動に役立ててもらいたい」「いつも無料で情報を受け取っているお礼です」「よい情報をありがとう」などの気持ちを込めておくるもので、ファンは番組の画面下から、差し入れを購入することができます。

ファンはお礼や応援を形にできる。クリエイターが今後チャンネルをサステナブルにするための資金になり、励みになる。そういう点で「投げ銭」「差し入れ」は、いま広く一般的になっています。

 

Voicyの差し入れは、アプリでなく、絶対にWEBからするべき理由

 

では、結論からいいます。

あなたがパーソナリティを応援したい、と願っていればいるほど、Voicyの差し入れは、アプリからでなく、ウェブから差し入れをするべきです。

つまり、スマートフォンなどにダウンロードしたアプリから差し入れを買わず、スマホやPCのWEBブラウザ(SafariやChromeなど)でVoicyのページを開いて、買ってください。

たぶん、びっくりすると思いますが、同じ差し入れがアプリだとかなり高額です。これは、AppleやGoogle Chromeなどへの手数料を、あなたが負担し、余分に上乗せして支払うしくみだからです。

私はこれを知らなくて、気づいたときにショックを受けたので、この記事で、簡単にまとめておきますね。

 

Voicyの差し入れは、同じものなのにアプリだと高い!

 

Voicyユーザーさんも、実はあまり知らないかもしれないこの仕組み。価格の差を、以下からご覧ください。

Voicy画面のスクショに説明を加えました(2022年5月5日現在)

 

すごい違いです!

例えば、右上のクッキー缶。同じ差し入れでも、アプリで買うと1720円。ウェブで買えば、1000円です。

ちょっと、イメージしてみてください。

たとえば、リアルで誰かにクッキーを差し入れしようとして、あるお菓子屋さんで1720円で売っているけど、同じものが隣の店で1000円なら、どう考えても1000円の店で買いませんか?

しかも知らずに1720円で買ってしまい、あとで1000円の店が歩いて数分のところにあったたら、くやしくないですか??

しかも、相手には、同じクッキー缶しか届かないのです。

それと同じことです。

では、なぜ720円も高いのか。誰が余分に720円分をもらっているのか。

簡単にいえば、アプリ配信会社が手数料として受け取っています。ここがポイントですが、パーソナリティには届きません。あなたは、たくさん差し入れたつもりでも、実は多くは、手数料を支払っているのです。

 

アプリ内課金は、差し入れしたあなたが負担している

 

ウェブとアプリで比べたことがない方が多いと思いますが、同じ差し入れアイテム(栄養ドリンクなど)が、実際、アプリだと驚くほど高額です。

もう一度いいますね。上乗せ分は、アプリ内課金で、みなさんが負担して、支払っています。

アプリで買うと、あなたが支払ったお金の、ほとんどは手数料で、パーソナリティに届く分は、わずかだと、ざっくり知っておいてください。

あなたの大切なお金で、パーソナリティを応援したい気持ちメインで差し入れをしたいなら、ぜひ、アプリからでなく、ぜひWEB(スマホやPCのブラウザ)でVoicyを開いて、贈るべきだと私は思います。

 

シュミレーション あなたが私に「栄養ドリンク」を差し入れてくれた場合

 

手数料率は公表してよいかわからないので、ざっくりですが、シュミレーションしますね。

*あなたが私に、Voicyのアプリから「栄養ドリンク」を差し入れてくれた場合

価格:860円
あなたが支払った860円から、Voicyの手数料+Appleなどへ支払う手数料(アプリ内課金30%)が差し引かれ、残った金額が私に届きます。
(860円のうち、はっきりいえませんが、半分以上、実際はもっとですが、なかなかの金額が差し引かれます。残りはこんなに僅かになるのね……という感じ)

*あなたが私に、WEBブラウザでVoicyを開いて、栄養ドリンクを差し入れてくれた場合

価格:500円
あなたが支払った500円から、Voicyの手数料が、差し引かれます。残った金額が、私に届きます。

そしてここがポイントですが、実は、どちらにしても、私に届く額は同じです。

純粋に私を応援してくださる方が、この事実を知らないのは、心苦しいです。

「もちろん知っててアプリから差し入れてますよ、アプリ配信会社の課金大歓迎なので、いくらでも私は余分に払いたい」という方なら、アプリから支払ってもいいんですよ。クレジットカードを持っていない、などの理由もあるかもしれません。

でも、この事実を知ることなく「差し入れのほとんどは、パーソナリティに届く」と信じている方がいたとすると、大間違いです。

知って、選択してくださいね。

 

Voicyの代表もこんなツイートを

 

実は、Voicyの代表の緒方憲太郎さんも、こう書いています。

 

「ぜひwebから購入ください!」

おっしゃるとおりです。

差し入れは、自由に金額を設定することもできますが、この場合、高額であるほど、ほんとに、ほんとにもったいなさすぎる!必ず(といいたい)WEBブラウザ経由で差し入れましょう。

パーソナリティを応援したい方は、WEBの https://voicy.jp/から。

私は、Voicyの差し入れは、必ずWEBブラウザから。アプリを経由させません。

 

ギブアンドテイクが、力になる

 

私はチョコレートのジャーナリスト・コーディネーターとして、いろいろな仕事をしていますが、SNSやVoicyは、その合間の時間に、更新しています。

つまり、なんらかのみなさんのお役にたてるといいな、などとおもって、情報をお伝えしているわけです。

でもですね、やってみるとわかると思いますが、これは、なかなかむずかしいことです。

私は、多くのブランドや会社のように、自社ブランドのチョコレート商品をPRするためにSNSをやってるわけではありません。

SNSは、自社や店の、販促・宣伝・PRのためのツールとして一般的です。多くの会社やブランドがSNSを利用するのは、ビジネスとしてわかります。

でも、私の場合は、たとえばクラブハウスでも、Voicyでも、私が話したチョコが、もしかしたら売れるかもしれませんが、それはブランドの売り上げになるのであって、私の利益にはなりません。

自分の利益につながらない、純粋な情報発信をしている私のような人は、大したことではなくても、なにかミッションがあったり、ちょっと変だったり、よくわからんやりたさみたいなものが渦巻いていたり、言葉にしづらいなんらかがなければ、とても続きません。

私はどういうわけか、チョコレートが子どもの頃から変なほど好きで、情報を大きなメディアで伝える仕事を長年続けたベースがあるのと、仕事を通じて私を信頼・応援してくださる関係者の方や、ファンの方とのやりとりが楽しいなど、があります。ブランドさんと違って、ビジネスベースで考えたら、とてもやれるもんじゃありません。

ギブアンドテイク、という言葉があります。人は、ギブアンドテイクを繰り返し、助け合い、応援しあうからこそ、辛いこともあるけど、がんばって生きていけるのではないかと、長く生きてきて実感しています。

だからこそ「初差し入れ」には、心底じーんとしました。情報をいつもテイクしています、へのあたたかなギブ。うれしいなあー。私のためにと、「思った」だけでなく、行動してくださったことが……。

 

ほかのパーソナリティさんもそういっていた

 

Voicyで、何人かの先輩パーソナリティさんも「差し入れはWEBから」と話していらっしゃるのを発見しました。

堀江さんや西野さんのようにモンスターレベルに(ほめことばです)ファンがいる方は僅かで、ファンの応援をはげみに、がんばって日々のお仕事をすすめているパーソナリティの方が多いと思うんですね。そういう方々への応援のためにも、書きました。

これからも、ちょこちょこVoicyでお話する予定なので、おひまなときに聞いて、コメントとか、メッセージとか、お待ちしてますね。よろしくお願いいたします!

text チョコレートジャーナリスト  市川歩美

追記:差し入れ、第一号のマーシーさん、本当にありがとうございました(エアハグ、ハグハグハグ)。

 


市川歩美の「鼻血ブー説」は結構ありそうな仮説だと思います。

この記事を書いている人 - WRITER -
ショコラコーディネーター®/チョコレートジャーナリスト®
詳しいプロフィールはこちら

Copyright© The Chocolate Journal , 2022 All Rights Reserved.