チョコレートジャーナル BY AYUMI ICHIKAWA

ユーゴ アンド ヴィクトールの日本店舗が閉店(今後を楽しみに)

2022/08/07
 
この記事を書いている人 - WRITER -
ショコラコーディネーター®/チョコレートジャーナリスト®
詳しいプロフィールはこちら

こんにちは。チョコレートジャーナリスト、ショコラコーディネーターの市川歩美です。

パリ発のパティスリー&ショコラトリー「ユーゴ アンド ヴィクトール」が、5月10日をもって、日本の店舗を閉店します。

ユーゴ アンド ヴィクトールの2021年バレンタイン限定チョコレート

 

ユーゴ アンド ヴィクトールとは

 

ユーゴ アンド ヴィクトール(HUGO & VICTOR)は、2010年にパリで生まれたブランドです。シェフパティシエは、ユーグ・プジェ氏。ブティックはパリの左岸にあります。(BOUTIQUE RIVE GAUCHE 40, Boulevard Raspail 75007 Paris)

日本では、サロン・デュ・ショコラへの出店をきっかけに、チョコレートファンを中心に、知られるようになりました。日本ではチョコレートとともに、ケーキ、焼菓子などが販売され、スイーツ&チョコレートファンを魅了。

アイコンは、ブック型のボックスに入ったおいしいチョコレートです。シーズンごとのパッケージデザインが注目を集め、スフェールと呼ばれる、ドーム状のボンボンショコラも人気。私個人的には、見た目は、スフェールほど華やかでなくても、シンプルなプラリネの美味しさに、注目していました。

 

日本の直営店は、5月10日に閉店

 

日本のユーゴ アンド ヴィクトールの直営店舗は、5月10日ですべて閉店となります。「ユーゴ アンド ヴィクトール 伊勢丹新宿店」の5月10日の営業が、最終日です。(恵比寿アトレ店は、3月末までで営業を終了しています)

 

オンラインショップと今後は

 

今後のことは、具体的に決まっていませんが、公式サイトのオンラインショップでの販売は、しばらくは継続します。オンラインショップをクローズする時期など、今後については未定です。

バレンタインシーズンなどに、日本で限定販売されるかどうかも、今のところ決まっていません。

 

ユーゴ アンド ヴィクトールのジョルジュ・アマド

 

ユーゴ アンド ヴィクトールは、パリに本店があります。私はパリのお店で、チョコレートケーキを食べたり、ジェラートを食べたりするのが、好きでした。特にパリで味わう「ジョルジュ・アマド」(チョコレートケーキ)が、気に入っていました。

初期のジュルジュ・アマド(のちに、四角形に形を変えました)

 

シェフから直接聞いた話によると、ジョルジュ・アマド、というケーキの名は、ブラジルの国民的な作家 ジョルジェ・アマード(Jorge Amado)にちなんいます。アマードは、ブラジル北東部のカカオ農園で生まれ、カカオに関わる小説を残した人物。

バニラとショコラのムースとビターチョコ、そしてペカンナッツをあわせたケーキ。パリで味わったときの、その力強いおいしさを覚えています。

 

ユーグ・ブジェシェフと東京で行われた新作発表時に

 

ユーゴ アンド ヴィクトールというブランドは、もちろん健在ですので、パリではもちろんのこと、いつかまた日本で会えることを楽しみにしましょう。

何か新たな情報がわかれば、みなさんにご紹介します。

text
チョコレートジャーナリスト  市川歩美

この記事を書いている人 - WRITER -
ショコラコーディネーター®/チョコレートジャーナリスト®
詳しいプロフィールはこちら

Copyright© The Chocolate Journal , 2022 All Rights Reserved.