by Ayumi Ichikawa

パスカル・ル・ガックのぶどうのパフェ「パルフェフルーリー レザン」美味しかった!

この記事を書いている人 - WRITER -
ショコラコーディネーター®/チョコレートジャーナリスト®
詳しいプロフィールはこちら

こんにちは。チョコレートジャーナリスト、ショコラコーディネーターの市川歩美です。

パスカル・ル・ガック東京の「花ひらくパフェ」こと「パルフェフルーリー」の期間限定・ぶどうのパフェが11月20日くらいまでメニューになっています。とてもおいしかったので、内容をご紹介します。

パルフェフルーリー レザン

 

人気パフェ パルフェフルーリー皆勤賞です

 

パルフェフルーリーは、パスカル・ル・ガック東京のオリジナルパフェの名称。

チョコレートでできた、かわいらしいお花がグラスの上に咲いています。リーデルのワイングラスを使った、美しく、クリエイティブなパフェ。私は、このパフェファンなので、多分、皆勤賞です。

チョコレート&パフェファンとお話していると「私も皆勤賞です」という方が結構います。(皆勤賞=新パフェが登場するたびに全部味わっている)

それほどの人気パフェで、さらに驚いたことに、私がお店へ伺うと、3回に1回くらいの確率でフォロワーさんや読者さんと出会い「わあ」「あゆみさん」となるという、私にはうれしいパフェでもあります。

 

パルフェフルーリー レザンの内容

 

10月30日からスタートした「Parfait Fleuri 〜Raisin〜(パルフェフルーリーレザン)」は、国産のぶどうを使ったパフェです。

考案した、パスカル・ル・ガック東京を任されているスーシェフ、野澤さんによると「今年もぶどう狩りをしている気分になれる、沢山の品種のぶどうを用意した」そうです。ぶどうは、その時期美味しいものを選び、8〜10種類使用。

 

パーツごとに凝っている


詳しくは写真をご覧ください。

クロモジの葉っぱのジュレと白あんの生クリーム、バニラのラングドシャと黒糖サブレ、ラム酒漬けレーズン入りアイスクリームや、ぶどうのソルベ。自家製ラムレーズンと黒文字がマリアージュして、複雑で奥行きがぐぐっ、と広がっていきます。

グラスの外には、ラングドシャを使った小さなレーズンサンド。ラングドシャのレーズンサンドは、水分を吸うため、イートインでしか提供しないレーズンサンドといえます。

野澤さんによると、自家製ラムレーズンは、じっくり2時間ほどかけてぶどうの房ごと仕込んで作るそう。

クロモジを使ったジュレは、前回のパルフェフルーリーにも登場しましたが、今回は、クロモジの葉から風味を抽出、前回よりも、ウッディな香りをたたえています。

この日は9種の山梨と長野のぶどうを使用。さくさくのフレッシュなぶどうと、ラムレーズンとなったぶどう、アイスクリームになったぶどう、それらに、白あんの生クリーム、クロモジなどが調和して、食感と風味のめくるめくようなセンシティブなマリアージュ、またもや洗練されたグラスの中の世界を、音楽のように体験させていただきました。

みなさんもぜひ。ぶどうのパフェ、というシンプルな響きからは、想像もつかないような、味覚とヴィジュアルのバランスを体験できると思います。

 

パフェはヴィジュアルではない

 

これは、私の持論ですが、最高のパフェはヴィジュアルではありません。ヴィジュアルと味の両立です。あとはたべやすい安定感、心地よさがあってほしいです。

トップからボトムまで(最初から最後まで)、味わっていける「美味」へのテクスチャーや風味の分量や素材選びの工夫、例えば乗っているものによってグラグラしたり、バランスが悪いと、グラスはガラスなだけに怖いです。

ヴィジュアルは玄関かもしれません。見た目から入り、続いて、味わい、どう感動や発見があり、どう心地よい余韻が残るか。グラスの中に入っている素材たちがひとつひとつ丁寧に作られ、「味とヴィジュアル」のバランスが考え抜かれたパフェに出会うと、いつも作った方に、意味のわからないこと(ちょっとこれ、なんなんですかねーとか)を、言いたくてたまらなくなります。

*シェフのみなさん。私がうれしそうにわけのわからないことを話しかけたら、この人は感じ入っているのだ、と思ってください!

よいパフェは、考え抜かれています。ヴィジュアルだけでなく、味のバランスを。

パルフェフルーリーは要予約

 

パスカル・ル・ガック東京の、パルフェフルーリー、味わうには、事前予約が必要ですのでご注意ください。

(予約は希望日の2日前にて締め切り)
電話予約 ☎︎ 03 6230 9413

平日 11:00/12:30/14:00/15:30/17:00
土•祝 11:30/13:00/14:30/16:00

パスカル・ル・ガック東京(場所)

(注意)パルフェフルーリー レザンは11月20日位までの予定ですが、ぶどうがなくなり次第終了です。

 

次回のパルフェフルーリーは、栗のパフェ

 

次のパフェについて、早くも、現地でパティシエの野澤さんに聞きました。ぶどうが終わったら、次は、栗のパフェだそうです。しかも、ピーナッツをあわせるそう。

ピーナッツは、野澤さんが千葉県旭市のピーナッツを栽培する瀬川農園で、この春、自身で植えたピーナッツだそうで、収穫されたピーナッツをパフェに使う予定だとか。楽しい話ですね。

さらに、こんな意味もわかりました。なんと、このパフェは、野澤さんがファンだという、Creepy Nuts(クリーピーナッツ)さんにもちなんでいるんですって。

というわけで、クリーピーナッツのみなさま!パスカル・ル・ガック東京へのご来店を、お待ちしています。おふたりがいらしたら、栗とピーナッツのパフェを創作した、日本のパスカル・ル・ガックを支える野澤倭歌​菜さんから、スペシャルプレゼントがあるそうです。

よろしくお願いいたします笑

text&photo
チョコレートジャーナリスト  市川歩美

超レア!パスカル・ル・ガックでパフェが3種そろう夏(8月27日まで)

美しすぎるチョコレートパフェ パスカル・ル・ガックの「花ひらくパフェ」(新作はさくらんぼ)

この記事を書いている人 - WRITER -
ショコラコーディネーター®/チョコレートジャーナリスト®
詳しいプロフィールはこちら

Copyright© The Chocolate Journal , 2021 All Rights Reserved.