by Ayumi(市川歩美)

美しすぎるチョコレートパフェ パスカル・ル・ガックの「花ひらくパフェ」(新作はさくらんぼ)

この記事を書いている人 - WRITER -
市川歩美
ショコラコーディネーター®/チョコレートジャーナリスト®
詳しいプロフィールはこちら

こんにちは。チョコレートジャーナリスト、ショコラコーディネーターの市川歩美です。

美しすぎるチョコレートパフェが全国のファンを魅了する、パスカル・ル・ガック東京。6月16日に新作パフェが登場して話題となっています。

パスカル・ル・ガック東京、6月の新作はさくらんぼのチョコレートパフェ

フランスの有名ショコラティエ、パスカル・ル・ガック氏によるチョコレート専門店「パスカル・ル・ガック東京」で、今年もチョコレートパフェの販売が始まりました。

6月16日にデビューしたのは「花ひらくパフェ〜パルフェフルーリースリーズ」(さくらんぼのパフェ)です。

チョコレートでできた花をあしらい、リーデル社のワイングラスに入ったチョコレートパフェ」。

今回は、4〜5種類の産地別のフレッシュなさくらんぼをチョコレートの香りとあわせた大人っぽい内容です。

15種類以上の手の込んだパーツがグラスで調和

説明書きです。予習・復習のために使ってくださいね。

さくらんぼは時期ごとに、ベストなものだけを取り寄せ、使われます。

ガトーショコラやグリオットのソルベ、カカオのラングドシャなど、食感と味を彩るすべてのパーツはキッチンで作られてます。全パーツ、聞けば聞くほど手が込んでいるのも特徴。

トップにのせられたチョコレートの花は、崩してパフェグラスの中に入れて味わいます。

<いちはやくいただいた、私の感想>
それにしても私が「さくらんぼのパフェ」と聞いて抱いたイメージと、現実が全く異なっていました。

フォレノワールっぽい、あるいはフレッシュなさくらんぼを生かし生クリームやホワイトチョコなどをあわせた女性的な感じ、とかですね。

実際はそれとは全然違って、カカオとさくらんぼの香りの調和が渋いのです……。(味の渋さでなく「落ち着いた趣」の方)。

私は人生で、さくらんぼを比較的かわいいものとして、シンプルに楽しく味わってきました。が、チェリーは、単に甘くて美味しいとか、甘酸っぱい、にとどまらず、複雑な風味と可能性を持つものであるなと、改めて考えました。しかもそれを、日本のさくらんぼから、です。

アマゾンカカオのジュレとの組み合わせも面白いです。カカオの香りと出会うと、さくらんぼの複雑な風味が上がってくる。品種によるさくらんぼの違いも発見となる。

さくらんぼとチョコレートの奥行きを、互いにグラスの中で引き出し合うという意味では、チョコレートブランドのチョコパフェである必然を感じます。

美しすぎるパフェ「花ひらくパフェ」、昨年は桃、ぶどうが話題に

過去のパフェについては、私がOggi.jp(小学館)で昨年書いた記事をはっておきます。

シーズンごとに、厳選素材をちょっとおかしいくらい?贅沢に使われるパフェが、チョコレートファン、パフェファンを魅了し続けます。

リーデルのグラスに入った美しすぎるルガックのパフェ! これは必食♡

「花ひらくパフェ」と異名をもつ、美しく美味しすぎるぶどうのパフェ

「花ひらくパフェ〜パルフェフルーリースリーズ」は、さくらんぼが美味しい季節限定です。ブランドの方によるとこの先も限定パフェが登場予定とのこと。

麗しさだけでなくきっちりと新しい「美味」が追求されている。そういうチョコレートパフェの存在は貴重です。今年もパスカル・ル・ガック東京のパフェを見逃せません。

パスカル・ル・ガック東京 (日曜日はお休みです)
イートインメニューの内容はこちら

text
チョコレートジャーナリスト  市川歩美

この記事を書いている人 - WRITER -
市川歩美
ショコラコーディネーター®/チョコレートジャーナリスト®
詳しいプロフィールはこちら

Copyright© Chocolate Journal , 2020 All Rights Reserved.