by Ayumi(市川歩美)

ブルガリ イル・チョコラートの甘くないパネットーネ

この記事を書いている人 - WRITER -
市川歩美
ショコラコーディネーター®/チョコレートジャーナリスト®
詳しいプロフィールはこちら

こんにちは。チョコレートジャーナリスト、ショコラコーディネーターの市川歩美です。

ブルガリ イル・チョコラートから、今年のクリスマスに初めて、甘くない「パネットーネ」が販売されます。

ブルガリ イル・チョコラート「パネットーネ・サラート」

 

ブルガリ イル・チョコラートのクリスマス、といえば「パネットーネ」。特別感のあるクリスマスギフトとして、すでに定番になっています。

が、今年はなんと「甘くない」パネットーネが登場します。一足早いんですが、ご紹介しますね。おいしいんです、これ、とても。

「パネットーネ・サラート」10000円(税込)*11月5日〜販売(店頭・オンラインショップで購入可能・数量限定)

11月5日からオンライン購入もでき、ブルガリ イル・チョコラートの店頭でも販売されます。

最初にいっておきますが、1万円、ですから「気軽に、朝ごはんにどうぞ」という類ではありません。特別な方へのギフトに、どうぞ。

パネットーネといえばイタリア。クリスマスに特に味われる伝統的なお菓子パン、のようなものです。ドライフルーツなどが入り、ふつうは甘いものですが、こちらは甘くないです。

サラミやチーズやドライトマト入りでめずらしい。フランスでいう「ケイクサレ」みたいなものといえそう。

少しお味見させていただいたところ、とても美味しく、すっかり気に入ってしまいました。(こんなギフトをいただいたらすごくうれしいなぁ)(しみじみ)

イル・リストランテの総料理長、ルカ・ファンティンさんの監修です。

おもしろいのは「昨今、イタリア北部で甘くないパネットーネが食べられるようになってきているため、日本で再現したい」と思われのだそう。

スカモルツァ・アフミカータチーズのスモーク、ケッパー、サラミ、チェリートマトなどが入っていて、ふわふわでしっとり。ヘーゼルナッツがたくさんトッピングしてあるのがイタリアらしいです。

チーズやサラミの油分が入るため、ふつうのパネトーネよりも、作るのが難しいのだとか。

こんなギフトをいただけたらいいなぁ(とくりかえすんですが笑)シャンパンにも、間違いなくあいます。

高級感あふれるブルガリのロゴ入りBOX入りで、まさにギフト仕様。甘くないものをお好みな方への、しゃれたクリスマスギフトに。(通常の甘いパネットーネの販売もあるそうです)

text
チョコレートジャーナリスト  市川歩美

関連記事(コロナ禍のブランドの取り組み)

ブルガリが医療従事者にお弁当を届けるプロジェクトを開始

この記事を書いている人 - WRITER -
市川歩美
ショコラコーディネーター®/チョコレートジャーナリスト®
詳しいプロフィールはこちら

Copyright© Chocolate Journal , 2020 All Rights Reserved.