チョコレートジャーナル BY AYUMI ICHIKAWA

チョコレートジャーナリストの日々 – SNSやフェイスブックのことなど

2022/08/10
 
この記事を書いている人 - WRITER -
ショコラコーディネーター®/チョコレートジャーナリスト®
詳しいプロフィールはこちら

ひさしぶりにChocolate Journalを更新。チョコレートジャーナリスト、ショコラコーディネーターの市川歩美です。

今日は、私が仕事に集中しているとSNSに手が回りませんが、心配しないで、という話について。

Jacques Genin(ジャック・ジュナン)のイースターチョコレート(Parisで市川歩美撮影)

 

SNSが動いてないときは、集中してるとき

 

私はチョコレートのジャーナリスト、コーデイネーターとして、あらゆる仕事をしています。集中して向き合うことはマストで、取材、打ち合わせ、リサーチ、執筆、考え中、となると、他とのコンタクトは最低限です。

デジタルデバイスはオフ、スマホのメッセージや、SNSをシャットダウンしていることも。映画館や機内にいるようなかんじ、です。

ということで、ときどき、私がしばらくSNSに登場せず、投稿しないと心配してくださる方がいますが、安心してくださいね。仕事などに集中しているだけで、むしろそういう時こそ元気で、同時にチャージもできています。

私をリアルでよく知る人はご存知のとおりなんですが、私は放送局出身で、元ディレクターです。番組制作・取材・企画歴が長くて、ゆるん、ふわん、となごんでいるときと、集中して仕事しているときがまるで別人のようというか笑(芸能人の方などもそうですよね)。なんだか、もともとこういう感じなんです。

それとは別に、私はメディア・アート・音楽・ファッション・サイコロジー好きなので、そういう方面に身を置いていることもあります。

 

Facebook(とくに個人ページ)はほぼポストせず

 

フェイスブックのことも書いておきます。私はFacebook(個人ページ)に、ほとんど投稿していません。あとほとんど見ることがなくなってしまいました。

理由は、アルゴリズムによる「狭まり」を感じるから。あとは投稿に「盛り」が目立って、事実がわかりづらいからです(ごめんなさい……)。

SNSのフォロワー数などもそうなのでしょうが、「現実以上に”盛って”見せる」ためのツールやサービス、ノウハウが今いくらでもあって、「”盛って”書く」のも簡単。

加工しすぎた写真には、わっ、とびっくりしますし、実際より「大きく」見せるために行われているあれこれは、実は透けてみえているものです。内輪化、忖度、同調も、私は気になります。

一方で楽しいのは大学時代の友人や元同僚の投稿など。はげみになって癒されます。メッセンジャーも便利ですね。

個人ページとは別の「市川歩美FBページ」は、余裕がなくてポストできていません。さすがに仕事を優先してしまい、放置していてごめんなさい、という感じです……!

 

出演はテレワーク中心

 

昨今、メディアも「テレワーク出演」。今日も番組の電話収録がありました。

予定されていた海外出張や、海外のシェフとのイベントがコロナでいくつかキャンセルになり、それはとても残念でした。国内のイベントも今はむずかしいものの、ぜひまたみなさんとご一緒したいです。

コロナ禍で時間があるからこそ、考えられることも、伝えたいことも多いため、このチョコレートジャーナルにも、他媒体にも色々書くつもりでいます。

それでは読者のみなさん、いつもありがとうございます!引き続き、くれぐれも、体に気をつけてお過ごしくださいね。

text
チョコレートジャーナリスト  市川歩美

この記事を書いている人 - WRITER -
ショコラコーディネーター®/チョコレートジャーナリスト®
詳しいプロフィールはこちら

Copyright© The Chocolate Journal , 2020 All Rights Reserved.