by Ayumi

八幡屋礒五郎「七味のチョコレート」今日の日本経済新聞で書きました。

2020/03/28
この記事を書いている人 - WRITER -
市川歩美
ショコラコーディネーター®/チョコレートジャーナリスト®
詳しいプロフィールはこちら

今日(2020/03/08)の日本経済新聞のNIKKEI The STYLEで「カカオと七味 長野で出会う」と題して、長野の七味唐辛子の老舗「八幡屋礒五郎」のチョコレートへの取り組みについて書きました。

今日この記事を読んでくださってるみなさーん、ぜひぜひぜひ今から買いに行って〜!!


▲紙面を撮影したものを日本にいる知人が送ってくれました(ありがとう〜)*私は今サンフランシスコ

以前から興味を持っていました。八幡屋礒五郎さんがカカオ豆からチョコレート作りを始めたこと。
去年の10月に味がリニューアル。さらに美味しくなって、パッケージも全面リニューアルしたこと。

9代目社長の室賀豊さんと社員のみなさんを取材させていただき、記事が今日、掲載されました。


▲タイトルにちょっとわくわく?

八幡屋礒五郎の七味は、以前から愛用していましたし、長野の善光寺の門前にあるので、お土産でいただいたり、自分で買ったり。

なぜ江戸時代から続く七味唐辛子の老舗が、カカオからチョコレートを作ることになるの??

という疑問が、この記事を読む理解できます。私は社長とお話して工場を取材し、その必然性に深く納得でしたから。ぜひ読んでください。いろいろな発見があると思います。例えば、日本人にとって当たり前の

「七味唐辛子」って、そもそもなんだったっけ??

とかですね。

今私はサンフランシスコにいまして、CRAFT CHOCOLATE EXPERIENCE という、クラフトチョコレート関連イベントの会場でこの記事を書いています。

私は日本経済新聞のNIKKEI The STYLEを毎日曜日、楽しみにしている読者でもあるので、今日本で新聞を広げられなくて残念。電子版には掲載されませんから、ぜひ紙面をどうぞ!

ー新聞を大きく広げるのっていいですよね。
美しい写真がどーんと大きく掲載された大きな記事。
私は電子版も利用しますが、やっぱり紙の新聞が好きかな。記事や写真の大きさから、実感として伝わってくるものが多いからです。

この記事を書いている人 - WRITER -
市川歩美
ショコラコーディネーター®/チョコレートジャーナリスト®
詳しいプロフィールはこちら

Copyright© Chocolate Journal , 2020 All Rights Reserved.