by Ayumi(市川歩美)

ユーゴ アンド ヴィクトールのクリスマスに人気NO!「トリュフ」日本初登場

この記事を書いている人 - WRITER -
市川歩美
ショコラコーディネーター®/チョコレートジャーナリスト®
詳しいプロフィールはこちら

ユーゴ アンド ヴィクトールが、2019年ノエル、2020年バレンタインコレクションを発表しました。

中でも、パリで一番人気のチョコレートのクリスマススイーツ「Le Truffle (トリュフ)」が今年、日本で初めて販売されることが発表されました。いち早く紹介します。

ユーゴ アンド ヴィクトールのパリで一番人気のクリスマススイーツ「Le Truffle (トリュフ)」

 

こんにちは。チョコレートジャーナリスト、ショコラコーディネーターの市川歩美です。来日していたユーグ・ブジェシェフと、色々お話しました。

まず私が、お聞きしたのは「トリュフ」について。パリのサイトをみて注目していたので、早速人気ぶりを伺うと

「トリュフはパリのクリスマスでは、一番人気です。サイズも味も全部パリと全く同じ。パリではクリスマスは、日本のバレンタインのように、チョコレートが人気があります」とのことでした。

ユーゴ アンド ヴィクトール公式インスタグラムのポストから

「Le Truffle (トリュフ)」の構成

 

去年から、フランスの情報サイト注目していたこの「トリュフ」。実際に拝見すると、直径6センチで、「ブシェ」をちょっと大きくしたくらいのサイズ感です。チョコレート製の羽根のような飾りが、トリュフを囲んでいます。

▲ 1500円(税別)、専用ボックス付き ※販売期間:11月27日から2020年1月31日

構成の中心となるマダガスカル産カカオのチョコレートを使ったムースには、ほんの少しだけ、トンカの香り。周りのカリッとしたチョコレートの周りにはココアパウダー、中心には香ばしいヘーゼルナッツのプラリネのクーリが入っています。カットするととろ〜り、流れ出す感じ。

球状のチョコレート部分の底には、ビスキュイザッハ、さくさくのフィユティーヌ。全体をプラリネサブレが支えています。

全体的にやわらかなテクスチャーで、底にいくほどに、さくっ、かりっとしたテクスチャーがあり、食べ応えがあります。

「食べるとそんなに重くないです。軽く仕上げていますからね」(ユーグシェフ)。確かに私も、さらっと半分いただけました。

チョコレート好きで、トリュフ好きな方(私のような人)におすすめ。往々にしてチョコレートカラーオンリーのものを好みますね。さらに、プラリネの風味がお好きな方へ。シンプルでスタイリッシュなデザインを愛する方にもよいです。

*注意事項
カットする人は特に、食べ方によっては手に結構な量カカオパウダーがつくので、手を拭くものを身近にキープしましょう。お洋服を汚さないように注意してください。

パリでは2つ以上買ってファミリーで楽しむスタイルも

 

こんなお話もしました。

Ayumi「パリでは、クリスマスはファミリーで祝うのが一般的ですよね。このサイズはファミリーには少し小さいのでは?」

ユーグシェフ「少人数の家族ならひとつ、ファミリーによってはこれをいくつも買って並べて食べていますよ」だそうです。なるほど。

写真、右下のチョコレートケーキは「レットル ア ジュリエット(ジュリエットへの手紙)」。ジュリエット=ヴィクトル・ユーゴーが25年間愛し続けた女性の名前だそうです。

ケーキ以外に、ボンボンショコラも登場します。スキーデザインのボックス、昨年人気だったクリスマスデザインボックス、そして6種類の新作ボンボンショコラも。

バレンタインの新作もふくめ、また別途、紹介します。

text
チョコレートジャーナリスト  市川歩美

 

この記事を書いている人 - WRITER -
市川歩美
ショコラコーディネーター®/チョコレートジャーナリスト®
詳しいプロフィールはこちら

Copyright© Chocolate Journal , 2019 All Rights Reserved.